私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

新聞の社会面の下部などの「死亡広告」を目にしたことがありますか?
これはどのような人が掲載されるのでしょうか? 

「死亡広告」は「広告」

「死亡広告」は故人が亡くなったことを広く知らせ、告別式などの日程を広く周知するためのものです。
故人または遺族の意思で新聞に掲載するもので、掲載する新聞の種類や文面は遺族の意思で決めることができます。

別名「お悔やみ広告」「黒枠広告」とも呼ばれています。
これには掲載費用を支払う必要があります。

「死亡広告」の注意点

気をつけたいのは、故人や喪主の氏名や住所、葬儀の日程など、個人情報がかなり掲載されてしまうことです。
それらをもとに墓石や墓地などの営業がくることもあります。住所をもとに葬儀中に空き巣に入られたという被害も報告されています。
個人情報保護の立場から、最近では掲載数も少なくなっているようです。
告別式の日程を周知すべき人が多い場合や、ほかの連絡方法ではうまく伝わらない場合、たとえば企業の社長や地元の名士の葬儀の告知などに限られてきているようです。
また故人の交友関係が広い場合であっても、香典や供花を辞退する場合には、近親者のみで密葬を済ませてから、葬儀完了のお知らせとともにその旨を掲載することもあります。

「死亡広告」とは異なる「死亡記事」

死亡広告とは別に、死亡記事というものがあります。
こちらは掲載に料金はかかりませんが、掲載されるかどうかは新聞社の裁量で決まります。

紙面スペースの加減などで、掲載は保証されるものではありません。
また、掲載してほしくない場合には拒否することができます。

このように、故人が地元の名士や会社の経営者であるなど、広く確実に周知する必要がある場合には「死亡広告」が利用されるようです。

関連記事

  1. 海外の葬儀-日本と異なるさまざまな方法

  2. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

  3. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  4. 通夜の食事(通夜振舞)は、食べないと不作法? 食事のマナーと意味

  5. 葬儀屋ってどんなお仕事なの? 葬儀の仕事についてまとめてみました

  6. お葬式の参列をお断りしようと思う。失礼にならない理由やメールなどのマナーについて

カテゴリー

  1. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  2. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  3. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  4. よい家族葬を行うための葬儀社選びのポイント

    2020.06.21

  5. 新型コロナ「緊急事態宣言」下でのお葬式 参列や帰省で注意すべきこと

    2020.06.17

  6. コロナ感染症のご遺体取り扱いについて(逝去から火葬までの実際)

    2020.06.05

  7. 急な葬儀 喪主の持ち物や準備しておくこと

    2020.05.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01