一般的なご葬儀の流れ

ご家族がご危篤を告げられてから、お葬式後のお手続きをなされるまでの一般的なご葬儀の流れを説明いたします。

 


① 危篤を告げられたら、まず準備しておくことは?


お金の準備をしましょう
〇ご家族様の必要な現金のご用意
〇通帳、キャッシュカードのご用意
〇暗証番号、印鑑などの確認


葬儀社の準備をしましょう
〇葬儀社から見積り、資料請求をする
〇割引のある会員制度に事前登録をしておく
〇生前のご相談を事前にされることも可能です


ともに過ごす、思い出の時間
〇最後に会いたい人に連絡をしましょう
〇してあげたかったことをしてあげる時間に
〇最後のふれあいの時間を

 


② ご逝去当日のこと(ご逝去からご安置まで)

ご危篤・ご逝去
約10分
看護師によるエンゼルケア
  葬儀社へ電話しお車の手配
  医師より死亡診断書を受取
お荷物を整え、退院用の服を準備
入院費の支払い方法を確認
 看護師と共に霊安室に移動
約30分~60分
 寝台車が到着・ご搬送
  ご自宅/安置施設のどちらかを伝える
約30分~60分
  立ち寄りたい場所を知らせる
 ご安置

最期に会わせてあげたい人に連絡を
医師からご危篤を告げられましたら、家族葬をお考えの方はご親族やご友人に、一般葬をお考えの方は会社関係の方にもご連絡を。ご葬儀の日時のご連絡は、後日のお打ち合わせで決まってからになります。

葬儀社へ連絡、お車の手配をしましょう
看護師による、お体を拭き清めるエンゼルケアに立ち合うことが可能です。葬儀社に連絡をし退院のお車の手配をしましょう。

携帯に葬儀社の電話番号を登録
どんな時でもすぐに連絡できるよう、葬儀社の電話番号を登録しておきましょう。ご葬儀の流れもスムーズに進みます。

退院用の服を準備
病院で旅立たれた場合、病衣の場合が多いので、退院用の服を用意しておきましょう。

24時間365日対応
24時間365日、お迎えに伺います。深夜早朝でもお気軽にお電話ください。

お電話での連絡は霊安室に移動する前に
霊安室は地下にあることが多いため、携帯が通じにくいこともあります。訃報の連絡をされた方には、そのことをお伝えしておきましょう。

ご希望のご安置場所をお伝えください
お迎えの寝台車には1~2名ご同乗いただけます。

ご自宅にご安置
2階以上のマンションも可能です。ご近所に不幸をお知らせしたくないという場合には、深夜や早朝のご帰宅も可能です。その際、社員は私服で伺います。
安置施設にご安置
すぐに手配をいたします。故人様には、一晩ご自宅でご家族様とお過ごしいただき、翌日はご安置施設でお休みいただくこともできます。

思い出の地に立ち寄れます
生前にお好きだった場所や、もう一度連れて行ってあげたい場所をお伝えください。お時間の許す限り立ち寄ります。

大切な方の温もりを
この時は生前の温もりがございますので、お顔や手に触れて差し上げてください。その後お体の保全のために、ドライアイスをあてさせていただきます。

 


③ 1時間後~翌日、お打ち合わせ

ご葬儀日時、場所、内容を決める
不明点はその都度質問をする
約60分~180分
  お見積り内容と金額の確認をする
  ご葬儀の日程を連絡をする

ご家族様の体調を優先して時間を決めます
大切なご葬儀の流れや内容を決めるお打ち合せは1~3時間位。心身ともにとてもお疲れの時ですので、日程に余裕がある場合は、お打ち合わせの日時を変更可能です。

信頼できる方に同席を依頼しましょう
大切な方を亡くされたばかりで、お考えがまとまらないことも。信頼できる方に同席していただき、プランナーの説明で不明点があれば、説明の途中でも質問しましょう。

ご葬儀日程、内容の決め方
日程は、1.火葬場・斎場の予約状況、2.ご僧侶のご都合、3.ご家族様のご希望で決定。法律で24時間経過後でないと火葬ができません。宗派、人数、希望の地域などから決めます。

ご家族様に合った、ご葬儀のご予算・スタイルで
花祭壇、返礼品、料理、棺などはカタログなどでご確認します。お見積りもその場で明確な内容で作成します。

 


④ お通夜3時間前位に、ご納棺いたします

納棺の儀
ご家族皆様の手でご納棺のお手伝いをしましょう
約60分~90分
  ご家族様でお化粧直しも可能です
  思い出のお品も

ご納棺をご家族皆様の手で
お通夜に先立ち、お体を人生最後にお休みになるお棺へとお納めする儀式です。ご家族皆様でお手伝いされると、旅立たれた方もお喜びになるでしょう。

84%の方が専門知識をもつ納棺師をご利用しています

綺麗にして皆さんに会わせてあげたい
ご納棺の前に専門知識を持つ納棺師が、お疲れのご家族様に代わって最後のご入浴やお着替え、メイクをお手伝いさせていただきます。

お体と髪をお肌を見せずにシャワーで綺麗に
長い入院で入浴できなかったので、最期にシャワーでさっぱりと綺麗にして、久しぶりに会う方々に会わせてあげたいと、望まれるご家族様のために。専用の浴槽とシャワーでお肌を見せることなくお洗いします。

お気に入りだったお洋服に
伝統的な白装束ではなく、その方らしいご愛用のお洋服へのお着替えもお手伝いさせていただきます。

 


⑤ ご逝去後2~3日にお通夜

一般的なお通夜のスケジュール

16:30   斎場ご到着
  花祭壇やご供花の並びなどをご確認
17:00   受付開始
  17:15   ご僧侶ご到着
  お布施をご僧侶に
18:00   開式
  19:00   通夜料理ご会食
  翌日の告別式のお打ち合せ
20:50   ご宿泊の方を除きご帰宅します

ご自宅の玄関に貼る忌中札・忌中紙は、ご近所の方に大切な方が旅立ったことをお伝えしご葬儀の日程をお知らせするものです。斎場でご葬儀を行われる場合は不在を知らせることになるので、防犯上貼らないことを推奨いたします。
お通夜の斎場入りから、翌日の告別式、火葬を終えられてお帰りになるまでのスケジュールをお渡ししましょう。

お布施袋は葬儀社がご用意
プランナーがご僧侶様にお布施をお渡しするタイミングをご案内。お渡しいただくお布施袋はふつう葬儀社がご用意します。

親しい方で思い出を語り合う場に
ご希望があれば、お食事後に親しい方だけのお別れの場をご準備いたします。

弔電の選択とお名前の読み方のご確認を
プランナーが読み上げる弔電選び、ご紹介する際に間違いがないよう読み方をご確認ください。

 


⑥ ご逝去後3~4日に告別式

一般的な告別式のスケジュール

9:30   斎場ご到着
約60分(随時)
10:30   告別式・初七日法要開式
  喪主様から会葬者の皆様へご挨拶
  思い出のお品をお柩に
11:50   告別式閉式・ご出棺
  12:20   火葬場に到着
13:40   ご収骨・火葬場出発
火葬場でのお飲物代を斎場にお支払い
14:00   告別式料理のご会食
  斎場使用料、お飲物代を斎場にお支払い
16:30   ご帰宅・後飾り祭壇設置
最終的なご請求額を確認

お別れの時間を大切にしましょう
最後に大切な方の想いを伝え、ゆっくり偲んでいただきお別れの時間を大切にしましょう。

喪主様のご挨拶文例をご用意
事前に喪主様のご挨拶文例をお渡ししますので、形式にとらわれない喪主様のお言葉でお考えいただくと、より温かいご挨拶になります。

ご出棺の前に、思い出の品をお柩に
お手紙、ご愛用のお品などを入れられます。中でもメガネなど金属が含まれているお品は小さければ火葬後に骨壺へ入れられます。

皆様で偲んでいただく場を
火葬中は休憩室でお待ちいただきます。大切な方の思い出を振り返っていただけます。お飲み物を注文された際は、火葬後にお支払いただきます。斎場によっては、精進落としをお召し上がりいただけます。

斎場でのお飲物代と斎場使用料をお支払い
斎場によっては、プランナーが事前に使用料を立替えている場合はお通夜か告別式の後にプランナーへお支払いください。

後飾り祭壇を設置
四十九日法要までお飾りしますので方角はあまりお気になさらずに、生活に差つかえのない場所に設置しましょう。

ご請求金額のご確認を
使わなくて差し引いたもの、追加したものなどの最終的なご請求金額をプランナーと確認します。ご不明点は随時ご質問ください。

 


⑦ ご葬儀1週間前に、ご葬儀後のお手続きをします

一般的なご葬儀後のお手続き

葬祭費・年金手続
  戸籍・住民票で年金手続を行います
  葬儀の領収書と共に葬祭費を申請
ご葬儀後~2週間
法要の準備
  ご位牌を用意
  法要の日程を決定
  法要のお食事場所の手配
香典返し、返礼品の準備
法要前2週間
四十九日法要
  菩提寺があるご家族様は法要後に納骨
まずは年金の手続きをしましょう
年金を受給されていた方の場合、年金を受け取る資格が失われるためご葬儀から14日以内に年金受給者死亡届を提出してください。

お手続きのスケジュール表をご準備
葬祭補助金や未支給年金の支給申請はご葬儀から2年以内、遺族厚生年金など各種年金の支給申請は5年以内。ご葬儀後のお疲れの時に、急いでお手続きしなくても問題ありませんのでお手続きの優先順位が分かるようご案内いたします。

四十九日法要の日程の決定の方法
ご僧侶のご都合を伺い、ご親族・ご家族様のご都合の良い日を選びます。ご僧侶をお呼びしない無宗教葬を行われた場合は、お食事会などで偲ばれることも可能です。

ご葬儀後のお手続きを無料でサポートしております
ご葬儀後のお困りごとを解消するため、挨拶状や香典返しといったマナー・役所や保険の手続き・相続・お墓・供養・遺品整理など無料でサポートしております。

菩提寺のない方は納骨についてゆっくりと考えましょう
菩提寺以外にお墓をお持ちの方は、いつ納骨するのか、ご家族様のご都合で決められますので、お墓をお持ちでない方は、まず納骨をするかどうか、納骨するならどちらにするのか、ゆっくりとお考えましょう。