神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

日本での葬儀というと、仏式の葬式をイメージする方が多いようですが、そもそも「神道」は仏教よりも古くから日本に存在する宗教であり、私たち日本人の信仰心に根強く残っているものです。
では「神道」のお葬式でお願いするのは、神主さん、宮司さん、どちらなのでしょうか?

神社に務める人の呼び方

お寺のお葬式では「僧侶」が、教会では「牧師」や「神父」が葬儀を進行します。
では、神式ではどうなのでしょうか。

まず、神社に務める人について解説しておきましょう。
神社において日本固有の信仰にもとづいて祭詞をあげたり、お祓いをしたりといった儀式を行う人を、総称して「神職(しんしょく)」といいます。
これは職業としての分類名であると考えるとわかりやすいでしょう。一般の会社などで「営業職」「事務職」というのと同じ感じです。この「神職」のことを一般的には「神主(かんぬし)」と呼んでいるのです。

神職の職階

神職には職階があり、位の高い順に宮司(ぐうじ)、権宮司(ごんぐうじ)、禰宜(ねぎ)、権禰宜(ごんねぎ)などがあります。
神式で葬儀を進めるのは「宮司(ぐうじ)」です。
「宮司」は神社の代表で、どの神社にも代表宮司が一人おられます。その神社が行う宗教儀式に責任を持つ立場を指します。実際に葬儀の進行を行うのは「宮司」ですが、俗称でいうと「神主さん」でもあるのです。

神主(神職)になるためには

では神主とは、どのような人がなるのでしょうか。
お坊さんに比べると、神主になる道は狭き門のようです。

僧侶になるための大学や短大などが多数あるのに対し、一般の人が神主になるための進学先は、三重県の皇學館大学か東京都の國學院大学の二つのみです。
どちらかの大学で「神道」を学び、資格を取得すると階位を与えられます。
通信教育などもありますが、基本的には神社本庁の推薦を受けるほか、実家が神社であることが条件になるなど、非常に難関であるようです。

亡くなった人はその家の守護神となる

神道ではお葬式は「神葬祭(しんそうさい)」「神式葬儀」といいます。
神式の葬儀というと、皇室を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、私たち一般人でも神葬祭を行うことはできます。
人が亡くなることを「帰幽(きゆう)」といい、亡くなった人はその家の守護神となって家を見守ってくれるという考え方です。

神道のお葬式はなじみがないように感じられがちですが、神社には初詣や七五三に詣でるように、日本人の生活に深く根ざしているといえるでしょう。

関連記事

  1. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  2. そもそも通夜、告別式とは? 今さら聞けない通夜と告別式の違いとは?

  3. 会社の人などの場合、通夜と告別式どちらへ行くのがいいのでしょうか?

  4. 畳の上で死にたい人へ。尊厳死・リビングウィルは事前の準備が大切です!

  5. 葬儀費用の相場金額は150万円!? 今すぐ、ご用意できますか?

  6. 妊娠中も葬儀に参列していいの? 気になる迷信とマナーについて

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 心に残るお葬式 ①あの方も!ここで

    2018.08.01

  2. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  3. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  4. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  5. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  6. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  7. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

2018年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031