葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

一般的にお布施とは、僧侶に対して葬儀や法事で読経などの供養をお願いするお金のことをさします。では、金額などは誰に聞けばよいのでしょうか?

お布施は「志」を包むもの

もともと仏教では「お布施」とは施しを与えることで、故人の成仏を祈りご本尊にお供えするという宗教的な意味があります。
ですから、お経をあげていただいた僧侶への謝礼というよりも、「ご本尊へ捧げるお布施」であると覚えておきましょう。
このように本来は志を包むものなので、金額に決まりや定価は存在しないということなのです。

お布施の金額を直接聞いてもよい

僧侶に聞くと「お気持ちで結構です」という答えが返ってくることがありますが、「お気持ち」と言われて戸惑うこともあるでしょう。
お寺に直接聞くことは失礼にはあたりませんので「ほかの方はどのくらい包まれているか教えていただけますか」と聞いてみましょう。
親戚関係にも聞いてみるほか、菩提寺があり檀家総代の方に相談できる場合は、その方に相場を聞いてみてもいいでしょう。

葬儀社に紹介してもらったお寺へ渡す場合は葬儀社に相談しましょう。
お布施と葬儀社への支払いとは別になります。

金額の相場

包む金額には授与していただく戒名や地域差などありますが、一般的にお通夜とお葬式の読経と戒名をお願いする場合、次のような金額が相場のようです。
東京およびその近郊では、30万円~50万円
大阪およびその近郊では、30万円前後
全国的にはもう少し幅があり20万~50万円のようです。
親戚関係や地元の方にも確認してみましょう。
お布施のほかに僧侶のお車代(交通費)、御膳料(食事代)を別途包むこともあります。

お布施を渡すタイミング

お通夜もしくは葬儀が始まる前、僧侶にご挨拶するときに渡します。
開式前に渡せない場合は、閉式してから渡しましょう。
僧侶を葬儀社に手配してもらった場合でも、葬儀社ではなく直接僧侶に渡します。
お渡しする際は小さなお盆または袱紗(ふくさ)や台付袱紗に乗せるとよいでしょう。
渡す際はお布施の表書きが僧侶に向くように差し出します。

決して小さな金額ではないので、迷うことがあれば周囲に聞くことも大切ですが、お布施は「志」を包むものと心得ておきましょう。

関連記事

  1. こんな時ってどうするの? 身内が海外で亡くなった時の 手続きと手順

  2. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

  3. 弔電の例文集

  4. あなたは葬儀にどこまでの方を呼びますか?参列のご案内者のルール

  5. お葬式が終わると、あっという間に四十九日。続けて、準備が必要な法事の費用と目安

  6. 正しい神棚の設置方法とは?方向、配置、お供え物から処分の方法まで

カテゴリー

  1. 死亡後の手続きのまとめ 大切な方が亡くなられたらするべきこと一覧

    2019.10.20

  2. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  3. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  4. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  5. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  6. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  7. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01