お葬式は不要不急じゃないのか?県外や東京からの参列で注意・自粛での断り方

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐって、葬儀の参列への考え方が大きく変わろうとしています。
「不要不急の外出は控えるべき」との戒めが日本中に行き渡っていますが、ではお葬式への参列はどのように判断すればいいのでしょうか。

葬儀は重要緊急の用事だが…

葬儀は、まさに不要不急の真逆「重要緊急」の用事だと言えるでしょう。
これまでの日本社会では、どんな仕事やどんな用事よりも葬儀への参列が優先されてきました。
学校や職場で忌引きや慶弔休暇が認められているのは、葬儀への参列が大切であるという認識がベースにあるからです。

しかし、この重要緊急度は故人との距離によって変わってきます。故人の配偶者、または子や孫などの直系親族にとっては、重要緊急度は高いでしょう。
また、傍系親族の中でも故人の兄弟姉妹にとっても葬儀の参列は大切なものですが、その配偶者や子や孫となると、重要度は少し下がるでしょう。
このあたりの線引きは大変難しく、マニュアルがあるわけではありません。
家族や親戚間との関係性や、それぞれの考え方を尊重しながら決めていくしかありません。

参列する上での注意点

さて、「亡き人の最後を見送りたい」「親戚付き合いをしていくうえで参列しなくきゃ」と考えること自体はまったく自然なことで、むしろ参列をとがめないでほしいと思います。
むしろ、参列する時の注意点を怠らないようにしましょう。

それは、「距離を取る」「マスクの着用」「手洗い」の三点の徹底です。
これまで通夜や葬儀の後に必ず行われていた会食も、縮小あるいは中止の方針は仕方のないことです。

自粛の促し方、参列の断り方

参列を控えてもらいたいとき、喪主はどのような言葉をなげかければよいのでしょうか。
ポイントは「あなたのため」「故人のため」という視点に立つことです。

「万が一あなたに感染しては申し訳がないから、このたびの葬儀は家族だけで行います」
「故人のために集まったことによって万が一クラスターが起きたら、誰が一番悲しむのはきっと故人で。そのためにも、今回は参列を見送って頂けませんか?」

こういうスタンスで参列を遠慮してもらいましょう。

とはいえ、関係者にも故人を弔い権利があります。
コロナウイルスが落ち着いたころに、法事やお別れ会を開催するなどの、代替案を用意する配慮も大切です。
感染防止と故人への弔い。この相反する両者をどのようにバランスをとっていくか。悩ましい問題です。

 

関連記事

  1. 神道でもお盆ってあるの?

  2. お葬式しなくてもいいの? やっぱり必要なお葬式

  3. キリスト教のお葬式に出ることになった。初めての参列マナー

  4. 棺とはどういうものか?また入れていいものは何か?

  5. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方や包み方

  6. 事件性の有無を警察が確認する時も、まずは葬儀社に一報を!

カテゴリー

  1. セクシャルマイノリティ(LGBT)の方の葬儀 パートナーが気を付ける事…

    2020.09.07

  2. お葬式は不要不急じゃないのか?県外や東京からの参列で注意・自粛…

    2020.08.28

  3. コロナ禍の自粛葬ってどんなやり方があるの?

    2020.08.20

  4. コロナ禍でのお葬式のマナー マスク着用は失礼にならない?

    2020.08.18

  5. 意外と知らない告別式とは どんな故人だと行うの?

    2020.08.07

  6. 知っておきたいお葬式の種類 どんな葬儀があるの?

    2020.07.31

  7. 東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

    2020.07.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01