お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

携帯電話やスマートフォンが普及し、日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となりました。
これまで訃報と言えば、電話やファックスなどが用いられていましたが、メールが用いられるのも当たり前の時代です。
連絡のスピードが速く、文字情報なので伝達に間違いがなく、その上で普段使いなれているコミュニケーションツールですから、違和感なく選ばれているのでしょう。
日常的にメールなどでやり取りをしている関係性であれば、お悔やみをメールで伝えても何ら失礼には当たりません。
お悔やみメールはどのような点に気をつければいいのでしょうか。そのポイントをまとめました。

お悔やみは簡潔に済ますことを意識する

お悔やみの言葉は簡潔に伝えるよう意識しましょう。
相手は、ただでさえ葬儀などであわただしく、さまざまな方面への対応に追われていることが予想されます。
まずは簡潔にお悔やみを述べ、「哀悼の意を表します」「あなたのことを思っています」「できることがあればいつでも力になります」と、相手の気持ちに寄り添うような姿勢が望ましいでしょう。

避けるべき「忌み言葉」を使わない

お悔やみで気をつけなければならないのが忌み言葉です。不吉な言葉(苦しみ、消える、浮かばれない)や、重ね言葉・繰り返し言葉(再び、ますます、重ね重ね)などは使わないようにしましょう。

相手に負担をかけない

身内に不幸があったばかりでは、精神的にとてもデリケートな状態にあります。相手を慰める、いたわるつもりでお悔やみを述べたものが、逆に相手の負担にならないような配慮が求められます。
亡くなった理由を詮索するのは避けるべきでしょう。
また、相手に「返信しなくては」と思わせない方がいいでしょうし、こちらの想いを一方的に伝えるような内容も避けましょう。

お悔やみの文例

このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
悲しみもいかばかりかと存じますが、どうぞお力を落とされないよう、ご自愛下さい。
もしも私たちにできることがあれば、微力ではありますがお力になれればと存じます。いつでも連絡してください。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

訃報の連絡に返信する文例

突然のご訃報、心底驚いています。また、大変な時にご連絡を頂き、本当にありがとうございます。まずは気を落とされないようにご自愛下さいませ。できることがありましたらご遠慮なく連絡してください。心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

  1. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  2. お葬式の受付をお願いされた人が、知っておくべきマナー

  3. 棺とはどういうものか?また入れていいものは何か?

  4. お葬式は不要不急じゃないのか?県外や東京からの参列で注意・自粛での断り方

  5. 葬式花(供花)の基礎知識 どんなお花?意味・理由や費用相場

  6. 知り合いが3回忌。喪服なの? 平服なの? 法事のドレスコードについて

カテゴリー

  1. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考え…

    2021.04.07

  2. 介護中の親を看取った時の対応手順

    2021.03.28

  3. 大切な親の最後 後悔しないために今私がやっておくべきこと

    2021.03.23

  4. 終活でやることリスト

    2021.03.15

  5. 身内に不幸があった際は何をすればいいのか?

    2021.03.08

  6. 喪主の妻の役割は何をすればいいのか?

    2021.02.28

  7. 喪主を務めるときにやることリスト

    2021.02.22

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01