お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

携帯電話やスマートフォンが普及し、日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となりました。葬儀の現場においても例外ではありません。急な訃報の連絡に、そしてそれに対してお悔やみの言葉を伝えるのに便利なツールとして用いられています。
連絡のスピードが速く、文字情報なので伝達に間違いがなく、その上で普段使いなれているコミュニケーションツールですから、違和感なく選ばれているのでしょう。
日常的にメールなどでやり取りをしている関係性であれば、お悔やみをメールで伝えても何ら失礼には当たりません。しかし、相手によってはメールやSNSでの連絡が失礼になりかねないこともあります。
お悔やみメールはどのような点に気をつければいいのでしょうか。そのポイントをまとめました。

メールやSNSを避けた方がいい相手

本来であれば、訃報に対してのお悔やみは、次の3つが正式なマナーと考えられます。

●葬儀会場に駆けつけて、直接お悔やみを述べる
●駆けつけられない場合は手紙や電報を出す

メールやSNSは、直接の会話や手紙、電報などと比べるとどうしても軽い印象を与えてしまいます。身内の不幸という重大な状況に置かれている相手に対して、不快感を与えかねません。

メールやSNSを利用すべきかどうかは、相手との関係性やその時の状況(相手がメールでのやりとりを好んでいる。慌ただしくされていそうだからあえてメールの方が相手のためになるなど)を考慮して判断しましょう。

一般的には、次のように分類されます。

▶メールやSNSでお悔やみを述べて良い相手
●親しい親族
●親しい友人
●親しい上司・同僚
●親しい仕事の取引先

▶メールやSNSを避けるべき相手
●丁寧に対応すべき親族
●知人・ご近所関係
●丁寧に対応すべき上司・同僚
●関係性がそこまで濃くない仕事の取引先

お悔やみは簡潔に済ますことを意識する

お悔やみの言葉は簡潔に伝えるよう意識しましょう。
相手は、ただでさえ葬儀などであわただしく、さまざまな方面への対応に追われていることが予想されます。
まずは簡潔にお悔やみを述べ、「哀悼の意を表します」「あなたのことを思っています」「できることがあればいつでも力になります」と、相手の気持ちに寄り添うような姿勢が望ましいでしょう。

避けるべき「忌み言葉」を使わない

お悔やみで気をつけなければならないのが忌み言葉です。不吉な言葉(苦しみ、消える、浮かばれない)や、重ね言葉・繰り返し言葉(再び、ますます、重ね重ね)などは使わないようにしましょう。

相手に負担をかけない

身内に不幸があったばかりでは、精神的にとてもデリケートな状態にあります。相手を慰める、いたわるつもりでお悔やみを述べたものが、逆に相手の負担にならないような配慮が求められます。
亡くなった理由を詮索するのは避けるべきでしょう。
また、相手に「返信しなくては」と思わせない方がいいでしょうし、こちらの想いを一方的に伝えるような内容も避けましょう。

お悔やみの文例(友人あて)

お父様のご逝去を知り、とても驚いています。まずはお悔やみ申し上げます。
遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。
今は突然のことで何も考えられないとは思うけど、まずはお父様に寄り添ってあげたらいいと思います。そして佐藤さんもご無理をされず、お身体に気を付けて下さい。
力になりたいと思っています。何かあったらいつでも連絡くださいね。
最後に、お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お悔やみの文例(上司・同僚あて)

このたびは奥様のご逝去の報に接し、大変驚いています。心からお悔やみ申し上げます。
悲しみもいかばかりかと思いますが、どうぞお力を落とされないよう、ご自愛下さい。
仕事の方は私たちに任せていただき、いまは奥様に向き合っていただければと思います。もしも私たちにできることがあれば、微力ではありますがお力になれればと存じます。いつでも連絡してください。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

訃報の連絡に返信する文例

突然のご訃報、心底驚いています。また、大変な時にご連絡を頂き、本当にありがとうございます。まずは気を落とされないようにご自愛下さいませ。できることがありましたらご遠慮なく連絡してください。心よりご冥福をお祈りいたします。

いかがでしたでしょうか。メールやSNSを利用すべきかどうかは、相手との関係性を考慮して考えましょう。文面に関しても、プライベートな要素の強いツールだからこそ、相手との普段のやり取りに準じて、その中でも相手をいたわる丁寧な言葉を選びましょう。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。訃報連絡やお悔やみのマナーのことはもちろん、葬儀や仏事について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940
(24時間・365日)

関連記事

  1. お葬式へ行ったときの流れ。一般的な通夜・告別式の流れをまとめました。

  2. 卒業式と葬儀が重なってしまったらどうする?

  3. 葬儀の日程の決め方はなにを優先して決めていくべきか

  4. あなたは知ってる?神棚の意味合い。あなたの会社にも必要!?

  5. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  6. 神棚ってどこに置けばいいの? 方角も関係あるの?

カテゴリー

  1. 神棚って自分で作れるって本当?

    2024.04.20

  2. 喪主を頼める人がいない。死後事務委任契約とは

    2024.04.10

  3. ナースの方から「ここにこのまま体を置いておけないので運んでくれ…

    2024.04.10

  4. お金がなくて、葬儀代が出せないときはどうすればいいの?

    2024.04.07

  5. 余りにも突然のことでショックや動揺を隠せない中でしたが、昼夜を…

    2024.04.02

  6. 心に残るお葬式:あるラガーマンとのお別れ心に残るお葬式

    2024.04.01

  7. 骨壺はどこで買う?種類は?相場は?

    2024.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01