冬のお葬式 黒のコートが無い場合何色なら良いか。コートの素材はなんでも良いのか。

冬の寒い季節。葬儀の参列には防寒のためのコートが欠かせません。しかし、コートにもさまざまな種類、色柄があります。葬儀時の服装の基本である黒のコートを持っていない場合、どのようなものを着用すればいいのでしょうか。
この記事では冬の葬儀で着用すべきコートについて解説いたします。

葬儀で着るべきコートの色

葬儀の参列には、黒のコートが無難です。そもそも季節に関わらず、黒の喪服を着用するのが参列マナーですから、その上に羽織るコートも黒がよいでしょう。
もしも黒のコートを持っていないのであれば、グレーや濃紺などの地味目の色のものでも構いません。

葬儀で着るべきコートの素材

葬儀のコートに適している素材は、カシミアやウールです。光沢がないため目を引くこともなく、布がこすれる音もしないため、身を慎むのにもっともふさわしいと言えます。また、保温性が高いのも特徴です。
一方で、避けた方がよいものに、殺生を連想させるレザー、ムートン、毛皮などが挙げられます。その他、ビニールやナイロンなどで作られたものは音が出やすいのであまり好ましくありません。華美に見えるもの、カジュアルに見えるものも避けましょう。

黒いコートがない場合はどうすればいい?

黒いコートがない場合、色のついたコートを着用してもいいのでしょうか?
基本的には先ほど解説した通り、華美でカジュアル要素がないのであれば、グレーや濃厚などの地味目な色のものでも大丈夫です。
通夜の参列であれば略喪服(黒や地味目な色のスーツスタイル)でよいとされているほどですから、地味目のコートも許容範囲内と言えるでしょう。

また、最近の葬儀のほとんどは会館で行われ、館内は暖房が効いています。ということは、コートを着用するのは会場までの移動中だけになります。万が一黒のコートがないにしても、会場に到着したらすぐにコートを脱げば、マナー違反にはならないでしょう。
年齢を重ねるごとに、葬儀への参列機会も増えてくることでしょう。急なことで迷うことがないよう、黒色のフォーマル用のコートをひとつ購入しておいても良いかもしれません。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。葬儀の参列の際の服装や、さまざまなマナー、さらにはお葬式全般について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 檀家であっても家族葬は可能??

  2. 葬式の費用払えない 葬祭扶助制度とは

  3. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  4. 葬儀をお手伝いしてくださった方への「お礼の金額」について

  5. 意外と知らない通夜と告別式の違い どちらに参加すればいいの?

  6. 意外と知らない告別式とは どんな故人だと行うの?

カテゴリー

  1. 喪主を頼める人がいない。死後事務委任契約とは

    2024.04.10

  2. ナースの方から「ここにこのまま体を置いておけないので運んでくれ…

    2024.04.10

  3. お金がなくて、葬儀代が出せないときはどうすればいいの?

    2024.04.07

  4. 余りにも突然のことでショックや動揺を隠せない中でしたが、昼夜を…

    2024.04.02

  5. 心に残るお葬式:あるラガーマンとのお別れ心に残るお葬式

    2024.04.01

  6. 骨壺はどこで買う?種類は?相場は?

    2024.03.30

  7. 遠方からの斎場探しでとても不安な気持ちでしたが、親切に対応して…

    2024.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01