葬儀に用いる花のマナー 種類と選び方・相場・手配方法など

葬儀に用いられる花。故人様にお供えをしたり、会場内を華やかに彩ってくれたり、最近では祭壇も白木祭壇ではなく花祭壇が多く選ばれています。そんな葬儀に不可欠な花。葬儀に用いる花にはどのようなものがあるのでしょうか。また、お供えの花の費用相場や手配の方法についてもわかりやすく解説いたします。

葬儀会場で用いられるさまざまな花

葬儀会場では、いたるところに花が飾られます。親戚や関係者から供えられた花だけではなく、祭壇上に置かれる花、 棺の上に置かれる花、入口や看板に飾られる花などがあります。また、 仏式の葬儀では用いられませんが、キリスト教の葬儀では献花をして、神道の葬儀では玉串奉奠をして、弔意を示します。 

葬儀で用いられる花の種類

仏式や神式の葬儀では白い花が用いられます。代表的なものに、菊、蘭、百合などがあります。ただ最近では色鮮やかな洋花も用いられ、そこまでお花の種類にこだわらないようになってきました。神式の葬儀では玉串奉奠として榊が用いられます。またキリスト教の葬儀での献花では、カーネーションが最もよく選ばれています。お供えの花を用意する場合は派手すぎず 落ち着いた色のものを選びましょう。

供花の相場

お供えとしてお花を出す場合、 どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 供花の相場は15000円から30000円ぐらいだと言われています。葬儀によっては統一感を出すために価格を均一にすることもあるので、喪主や施行葬儀社に相談しましょう。

供花の手配方法

供花の手配方法として最も望ましいのは、施工の葬儀社を通して注文することです。祭壇や式場との調和が考えられ、さらには他の人の供花と同じものを用意してくれるので、式場内に飾った時に違和感なくお供えができるでしょう。もちろん自分が希望する生花店から注文してお花を届けてもらうこともできます。しかし、他の人の供花と色合いや仕上がりが異なることがあることをあらかじめ理解しておきましょう。また葬儀会館によっては外からのお花の持ち込みができないこともあるので気をつけましょう。

供花の支払い方法

供花代金の支払い方法は、注文した葬儀社や生花店に直接支払う方法が最もスタンダードです。口座への振込、あるいは葬儀会館で直接支払うなど、どのような方法が望ましいのか、注文の時に確認しておきましょう。また親戚などで、喪主が供花の注文を取りまとめることがあります。その場合は喪主に支払いをしましょう。

 

関連記事

  1. お墓の引越し手続きや方法 遠方から近所に引越しはできるの?

  2. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

  3. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  4. 葬儀後の手続き ほっと一息ついても怠ると大変

  5. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

  6. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

カテゴリー

  1. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考え…

    2021.04.07

  2. 介護中の親を看取った時の対応手順

    2021.03.28

  3. 大切な親の最後 後悔しないために今私がやっておくべきこと

    2021.03.23

  4. 終活でやることリスト

    2021.03.15

  5. 身内に不幸があった際は何をすればいいのか?

    2021.03.08

  6. 喪主の妻の役割は何をすればいいのか?

    2021.02.28

  7. 喪主を務めるときにやることリスト

    2021.02.22

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01