葬儀の知識 意外と知らない「参列」と「列席」の違い

葬儀に出向くことを「参列」と言います。しかしよく考えると「列席」とも言えますし、「会葬」や「弔問」という言葉もあります。いったいどの使い方が正しいのでしょうか。この記事では、これらの意味の違いを解説いたします。

参列・列席・会葬・弔問 それぞれの意味

まずはそれぞれの言葉を広辞苑で調べてみました。


さん-れつ【参列】
式などに参加、列席すること。「祝賀会にーすること」

れっ-せき【列席】
その席につらなること。列座。「祝典にーする」

かい-そう【会葬】
葬式に参会すること。「ー者」

ちょう-もん【弔問】
死者の遺族を訪問してくやみを言うこと。弔慰。「ー客」


こうして見ると、「参列」と「列席」は、葬儀に限らずに儀式やセレモニーへの参加を意味することがわかります。

一方で、「会葬」という言葉には「葬」の字が入っているために、葬儀の場でしか使えない言葉であることがわかります。故人様に会って、葬るわけですから、葬儀場に足を運ぶこと、そして死者を悼むという行為がより具体的に感じられます。

これよりもさらに言葉の意味が具体性を帯びているのが「弔問」です。弔問は、ただ葬儀に参列するだけでなく、遺族を訪ねてくやみを述べるところまでを指しています。実際に「弔い」という言葉の語源は「訪らひ(とぶらい)」から来ていると言われており、死者に、そして遺族に会いに行くことが、そのまま弔慰を示すことになるのです。

それぞれの言葉の使われ方

葬儀の司会などをしていますと、「本日はご参列いただきまして、誠にありがとうございます」よりも「本日はご会葬賜り、誠にありがとうございます」と述べた方が、より深みが増すように思います。これはやはり、「参列」よりも「会葬」という言葉の方がより弔意を多く含んでいるからではないでしょうか。

また、昨今の葬儀現場では、あまり「弔問」という言葉を用いないように思われます。これは、現代の葬儀がより画一的にセレモニー化しているからです。一昔前であれば、葬儀は自宅で行うものでしたし、それぞれがおのおのの時間に喪主を訪ねて死者を悼みました。こうした儀式性のない、よりプライベートな付き合いにおけるお悔やみにこそ「弔問」という言葉がぴったりなように思えます。現代的に言うと、葬儀会館へは会葬、自宅へは弔問、といった具合でしょうか。

ここに書いたのはあくまでも筆者の主観も込められているので、参考程度にしていただければ幸いです。また、神奈川県の中原屋葬祭センター様が同様のブログを書いておりますので、興味のある方はこちらもあわせてご覧ください。
https://nakaharaya.co.jp/blog/?p=1240

関連記事

  1. 葬儀でのマスク着用時のマナーについて

  2. 納棺師ってどんな仕事?おくりびとがやる事や資格など

  3. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  4. 海外の葬儀-日本と異なるさまざまな方法

  5. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  6. 棺の値段の違いはなに?安い棺はダメなのか?

カテゴリー

  1. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  2. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  3. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  4. よい家族葬を行うための葬儀社選びのポイント

    2020.06.21

  5. 新型コロナ「緊急事態宣言」下でのお葬式 参列や帰省で注意すべきこと

    2020.06.17

  6. コロナ感染症のご遺体取り扱いについて(逝去から火葬までの実際)

    2020.06.05

  7. 急な葬儀 喪主の持ち物や準備しておくこと

    2020.05.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01