コロナ禍での新たな葬儀の形。1日葬とは?

コロナ禍ではこれまで以上に葬儀の簡素化や合理化が進んできました。通夜と葬儀の2日にまたいで行われるのが当たり前だったお葬式も、いまでは1日葬を選ぶ人も増えてきました。1日葬とはいったいどのようなお葬式なのか、詳しく解説いたします。

1日葬とは

1日葬は、通夜を省略するお葬式のスタイルです。元来通夜とは家族が夜通し故人に寄り添う事でした。ここ数十年は通夜式と呼ばれるセレモニーを執り行い、日中に参列できない方々の弔問の場として執り行われています。
しかし、家族葬が一般化し、さらに新型コロナウイルスの影響で三密を防止する動きが求められる昨今、本当に通夜が必要なのかと考える人が急激に増えてきました。こうした中で少しずつ選ばれ始めているのが一日葬なのです。

【メリット】1日葬は負担が軽減できる

通夜を省略する1日葬は、さまざまな「負担」を軽減できます。
まずは時間的な負担が軽減されます。2日間のスケジュールを拘束することがないため、仕事などで忙しい方にとっては大きな助けとなることでしょう。

また、普段不慣れな会館で過ごすことで、目に見えない緊張やストレスを強いられます。高齢者の方々にとっては1日ですべてが済むことで肉体的な負担も軽減されます。
加えて、1日葬は経済的な負担の軽減にもなります。料理や返礼品などのおもてなし費用は通夜分を節約できます。また、スタッフの人件費も1日分で済みます。

【デメリット】1日葬はゆっくりとお別れできない

一方で、葬儀にかける時間が少なくなるので、ゆっくりとお別れができないという側面もあります。
本来通夜は日中の葬儀に参列ができない人のためにあります。通夜を省略することで最期のお別れができない人が出てくる可能性があります。

また、通夜式を終えた後の故人と家族だけの時間では、多くの人たちが夜更けまで故人との思い出話をするものです。通夜式や葬儀・告別式にはない貴重な時間と言えるでしょう。この「通夜」がないことが、どことなく物足りなさを感じさせるかもしれません。1日葬するべきかどうかとお悩みの方はどうぞ私たちにご相談ください。私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルとして、お客様の想いに寄り添ってご相談にお答えします。不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

葬儀に関するよくある質問FAQ

コロナ禍葬儀はどうしたら良いですか?

家族葬が一般化し、さらに新型コロナウイルスの影響で三密を防止する動きが求められる昨今、本当に通夜が必要なのかと考える人が急激に増えてきました。こうした中で少しずつ選ばれ始めているのが一日葬なのです。

関連記事

  1. 終活でやることリスト

  2. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  3. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

  4. お墓の引越し手続きや方法 遠方から近所に引越しはできるの?

  5. 葬儀後の手続き ほっと一息ついても怠ると大変

  6. お葬式を里帰りで行う場合、誰に相談すればいいか?

カテゴリー

  1. 土用に葬儀や、お墓を建てても大丈夫?

    2022.05.23

  2. 梅雨の時期の葬儀。雨具や服装はどうする?

    2022.05.14

  3. 令和4年 お客様の声をまとめてみました㊄

    2022.05.10

  4. 余命宣告数か月でどうしたらいいの?家族がやるべきこと、準備すべ…

    2022.05.07

  5. ゴールデンウィークに葬儀は出来る?

    2022.04.30

  6. 娘からの弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2022.04.23

  7. 友引に葬儀やお通夜をしても大丈夫?

    2022.04.13

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01