卒業式と葬儀が重なってしまったらどうする?

卒業式は大切なお子様が学校過程を終了し、大人になっていくための大事な儀式です。わが子の門出を手放しで祝いたいものですが、万が一卒業式と葬儀が重なってしまった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。詳しく解説いたします。

慶事と弔事は、弔事を優先させるのが基本

さまざまな慶事と弔事では、弔辞を優先させるのが基本です。ですから、卒業式と葬儀が重なった場合は、原則として葬儀を優先する。まずはこの考えを抑えておきましょう。ちなみに慶事には、卒業式以外にも、入学式や結婚式などがあります。
卒業式は日中に行われますので、卒業式とお通夜が重なった場合は、卒業式を終えたあとにお通夜に参列できます。

もしも葬儀告別式と葬儀が重なった場合、それぞれが同じ時間帯に行われる可能性が大きいため、卒業式への参加を断念するか、あるいは前夜の通夜に参列し、翌日は卒業式に参加するなどの対応が考えられます。
ここの判断はケースによって大きく異なります。次の章で詳しく述べていきます。

故人様との関係によって決める

原則は弔事を優先させますが、判断基準は実にさまざまです。血縁の深さや故人との関係性などによって考え方は変わってきます。以下、故人とお子様との関係性から、どのように判断すべきかの一例をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

  1. 故人が遺族:卒業式を迎えられるお子様から見て、直系の家族(両親、祖父母)、そして兄弟や同居の家族が亡くなった場合は、葬儀への参列が現実的です。身内に不幸が起きた時は身を慎み、慶事への参加は控えるべきと考えられています。ただし、遺族間の同意があれば卒業式に出ても構いません。
  2. 故人が親族:お子様の叔父、叔母、おい、めい、いとこなどの親族が亡くなった場合、普段からの関係性や状況に合わせて判断しましょう。
  3. 友人・知人:お子様の友人や知人が亡くなった場合も、故人様との間柄にもよりますが、卒業式と時間帯の重ならない通夜への参列が現実的でしょう。
手分けをするという考え方

どうしても卒業式と葬儀の双方に出なければならない場合は、家族の中で手分けをするという方法もあります。もしも父親側の親族の葬儀であれば、父が葬儀に参列して、母と子で卒業式に参加するという具合です。どうしても両親が付き添えない場合、兄や姉、あるいは叔父叔母などの代理で出席も可能です。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀のプロフェッショナルとして、お客様の想いに寄り添って、できる限りのお手伝いをさせていただきます。不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 葬儀でのマスク着用時のマナーについて

  2. お葬式にお花を贈るには? だれに頼むの? 値段はいくら?

  3. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

  5. 納棺式とはどんなものなのか?またどのような流れで行うか?

  6. よく耳にする「ご愁傷様」の正しい使い方と意味について

カテゴリー

  1. 土用に葬儀や、お墓を建てても大丈夫?

    2022.05.23

  2. 梅雨の時期の葬儀。雨具や服装はどうする?

    2022.05.14

  3. 令和4年 お客様の声をまとめてみました㊄

    2022.05.10

  4. 余命宣告数か月でどうしたらいいの?家族がやるべきこと、準備すべ…

    2022.05.07

  5. ゴールデンウィークに葬儀は出来る?

    2022.04.30

  6. 娘からの弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2022.04.23

  7. 友引に葬儀やお通夜をしても大丈夫?

    2022.04.13

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01