はじめてお葬式に参列 仏教の葬儀での礼儀作法と注意することのまとめ

はじめての葬儀の参列はとても緊張をしてしまうものです。
作法やしきたりに関しても不慣れですし、なによりも喪主や遺族は大切な家族を亡くし、精神的にもとてもデリケートな状態です。
参列する上で礼儀作法や注意することをまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

周りの人たちの所作を参考にしよう

葬儀の参列では、葬儀になれているかいないかなんて、あまり必要ありません。逆を言えば

「まわりの人たちの所作を参考にする」

これさえしておけば、まずは問題ないでしょう。
時間を割いて式場まで参列してくれた。大切なお金である香典を包んでくれた。
遺族からするとこれだけでも十分ありがたい気持ちになるものです。
また、自分ひとりだけが緊張しているように思えますが、実は周りの人たちも不慣れな葬儀に緊張しているものです。
御香典は受付の人の指示に合わせて差し出せばいいですし、焼香も前の人の真似をしておきましょう。
礼儀や作法に気を捉われすぎずに、心を込めた参列に努めましょう。

喪服と香典と数珠だけは忘れない

葬儀に参列する時は、次に挙げるものを忘れなければ大丈夫です。
喪服と、香典と、数珠です。
一般的な喪服に身を包み、一般的な相場の御香典を包み、一般的な数珠を手にしておけば、まずはマナー違反にも失礼にも当たりません。
ひとつずつご説明します。

喪服は黒の略礼服を着用する

喪主や親族は和服やスリーピースなどの正礼服を着用しますが、参列者として葬儀に臨む場合、喪服は黒の略礼服を着用します。
男性の場合は黒のブラックフォーマル。女性の場合は黒のワンピースやアンサンブルやスーツなどです。
ベルト、ネクタイ、靴、靴下、ストッキング、かばんなどの小物も黒で統一しましょう。
また通夜の場合、地味目な色の服装であれば、平服でも構わないとされています。

香典の金額相場と包み方

故人への哀悼、遺族への励ましの想いを込めて香典を包みます。
香典は受付で差し出しますが、昨今は家族葬のような小規模の葬儀が増え、受付がない場合は喪主に手渡しましょう。

  • 香典金額
    一般的な香典の金額の相場を下にまとめました。香典金額は「気持ち」を形にしたものなので決まりはありませんが、少なすぎると逆に遺族の負担が増えてしまいますし、多すぎると気を遣わせてしまうことになります。

・近い親族 30,000円以上
・親戚   10,000円以上
・友人、知人、会社関係 3,000〜5,000円

近い親族 30,000円以上
親戚 10,000円以上
友人・知人・会社関係 3,000円〜5,000円

 

  • 香典袋

香典袋の上包みと内袋でそれぞれ書き方の決まりがあります。
上包みの上段には「御香典」や「御霊前」などの文言を、下段には差し出す人の名前を書きます。
内袋に紙幣を入れます。表面に金額を、裏面に差し出す人の住所、氏名、電話番号を書きます。
表書きは宗教や宗派によって書き方が異なります。下記を参考にしてください。

仏教 御香典・御霊前・(浄土真宗は)御仏前
神道 御玉串料・御霊前・御神前
キリスト教 御花料・献花料・御霊前

 

焼香の作法

焼香の際は、数珠を左手に持って待機しましょう。
順番になったらスタッフが案内してくれますので焼香台まで進み出ます。
焼香の回数は、宗派によって決まっていますが、分からなければ前の人と同じ回数、あるいは心を込めて1回でもよいでしょう。
参列者が多い時は、葬儀社側が1回焼香を促すほどです。
正しい回数よりも、心込めた焼香を心がけましょう。
下に宗派別の焼香の回数をまとめています。参考にしてみてください。

宗派別の焼香の回数を下記にまとめました。

天台宗 1回~3回  特に決まりがありません
真言宗 3回
浄土宗 1回~3回  特に決まりがありません
浄土真宗(本願寺派) 1回 額におしいただかない
浄土真宗(大谷派) 2回 額におしいただかない
臨済宗 1回 額に押しいただかない
曹洞宗 2回 1回目は額に押しいただき、2回目はしない
日蓮宗 1回または3回
神道 玉串を捧げて2礼2拍手1礼

ただし拍手の時は音を立てない

キリスト教や無宗教葬など 献花台に花を置く

 

関連記事

  1. 納棺に立ち会うことになりました。服装は喪服を着ないといけないの?

  2. 神道でもお盆ってあるの?

  3. 初めてのお葬式で失敗しないために! 押さえておきたいマナー。焼香・献花・玉串

  4. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

  5. 葬儀の写真撮影って失礼になるの?

  6. 弔電の例文集

カテゴリー

  1. お葬式でレンタルできるものをまとめてみました

    2019.06.11

  2. 納棺師ってどんな仕事?おくりびとがやる事や資格など

    2019.06.05

  3. 弔電の例文集

    2019.06.01

  4. 棺の値段の違いはなに?安い棺はダメなのか?

    2019.05.25

  5. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  6. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  7. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930