そもそも通夜、告別式とは? 今さら聞けない通夜と告別式の違いとは?

通夜と告別式、どちらに参加すればよいのか迷うこともあるでしょう。
そもそも通夜と告別式の違いとは何なのでしょうか?

通夜(つや)とは

通夜とはもともと宗教的な意味合いのある儀式で、葬儀の前夜に死者に邪霊が入り込むことを防ぐため、ご遺体とともに遺族や近親者が一晩中過ごすというものです。

しかし、最近は自宅ではなく葬祭ホールなどで行われることも多いため、夜通し付き添うことがむずかしくなってきています。

また、近年では告別式に出席できない人が参加するセレモニーとしての意味合いも強くなっています。
人が付き添うことが少なくなっても、名残として、夜通しロウソクや線香を絶やさない習慣は、現在も残っています。

告別式は故人との最後のお別れ

葬儀とは、死者がこの世からあの世へと渡るための宗教的儀式のことで、遺族や近親者が故人の冥福を願い、僧侶にお経をあげてもらうことです。

一方、告別式とは、近年行われるようになったセレモニーで、弔問客全員が焼香し故人と最後のお別れをするものです。
宗教的な意味合いよりも、故人の死を周りに伝える、という社会的な意味合いの強い儀式となっています。

かつては、葬儀と告別式は別々の儀式でしたが、最近は両方を続けて同時に行い、1時間程度で終わらせることが多いようです。

近年では、もともとの宗教的な意味は薄れてきてはいますが、どちらも故人を弔うために行われる儀式です。

親族でなければ、故人の関係と自分の予定とを照らし合わせ、出られる方に参列すればよいでしょう。

地域の慣習にならうという場合もあります。周囲とも相談してみましょう。

関連記事

  1. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  2. 宗教によって違うの? いざというときに困らない、神道のお香典袋の書き方について

  3. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

  4. お通夜に参列するときの服装は? 喪服って非常識なの?

  5. はじめて弔電を出す方へ。失敗しない弔電の送り方

  6. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  2. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  3. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  4. 一般的な葬儀の流れ ご危篤からお葬式のあとの手続きまで

    2019.04.18

  5. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

    2019.04.15

  6. とにかく安く葬儀したい、お金を掛けずにお葬式をする方法

    2019.04.10

  7. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

    2019.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031