今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

通夜や葬儀のようなセレモニーを執り行わない「火葬式」が増えています。
「直葬」とも呼ばれる葬儀スタイルですが、その特徴や費用や流れなど、実態はどういうものなのでしょうか。
くわしく解説してまいります。

火葬式が増えている

公正取引委員会が公表した『葬儀の取引に関する実態調査報告書』(平成29年3月22日)が日本全国の葬儀社を対象に調査したところによると、直葬の割合は全体の5.5%だそうです。
「直葬が増えている」と考える葬儀社は23.1%におよび、社会のニーズが読み取れます。

火葬式の費用

火葬式にする場合、20万円から30万円程度で済ますことができます。通夜や葬儀を執り行うための式場、祭壇、人件費、おもてなしの料理や返礼品が不要ですから、通常の葬儀よりも費用の負担を大きく軽減できるという特徴があります。
首都圏の場合は火葬費用が6万円近くするのに対し、郊外の公営火葬場では無料から数千円というところもあるため、地域によっては10万円台で火葬式を済ますこともできます。

火葬式の流れ

セレモニーを排した火葬式は、どのような流れで進んでいくのでしょうか。ご逝去から火葬を終えるまでの流れを解説いたします。

ご逝去〜おむかえ~安置
病院や警察署でお亡くなりになったご遺体は葬儀社に連絡して搬送してもらいましょう。搬送先は自宅や火葬場あるいは当社が保有する施設を利用します。事前にどこに安置したいかを決めておきましょう。

納棺
火葬式では納棺式を執り行わずに葬儀社に任せるのが通例です。納棺式を希望する場合別途有料になるでしょう。

火葬当日
当日は決められた時間に火葬場に集合します。火葬炉に入る前に最後のお別れができます。僧侶の供養を希望する場合、5分程度にはなりますが、読経と焼香が可能です。
火葬時間は地域によって異なりますが、約1時間から2時間でしょう。火葬が終わると参列者が遺骨を骨壺に移して、すべての工程が終わります。 

さまざまな希望にこたえてくれるオプションサービス

火葬式だけではあまりにも寂しいと思う方はさまざまなオプションサービスを利用しましょう。たとえば、遺体を自宅に安置して祭壇を設置してもらうだけで、数万円の費用が上乗せになりますが、最後のお別れをゆっくりと過ごすことができます。
また、遺影写真や棺の中に納めるお花の準備もしてくれます。詳しくは葬儀社に相談して、少しでも満足の得られる火葬式にしたいものです。

関連記事

  1. 葬儀の喪主で会社を休むときの一般常識 休める日数やマナーなど

  2. よい家族葬を行うための葬儀社選びのポイント

  3. 葬儀日程(お通夜・お葬式・法事法要)のスケジュールはどうやって決めるか

  4. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  5. 通夜振る舞いって何ですか?意味と振舞い方

  6. 家族葬での喪主の挨拶 どんな挨拶が必要か例文を紹介

カテゴリー

  1. 夏場の葬儀の服装。マナーは?

    2021.09.15

  2. お盆にお葬式は出来る?

    2021.09.07

  3. 世界各国のお葬式は日本でも可能?

    2021.08.30

  4. 葬儀会社の比較は故人に失礼は本当?

    2021.08.22

  5. 娘婿は喪主になれる?喪主の決め方

    2021.08.16

  6. 突然の事故で家族を失った時 遺族がやるべき事

    2021.08.08

  7. 遺言で葬儀の有無、方法は指定できる?

    2021.07.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01