葬儀の費用は誰が負担するべきか?

高額な出費をともなう葬儀費用です。だれしもが、その費用、そして支払いについて気になっているのではないでしょうか。一体誰がその費用を負担すべきなのかについて考えたことはありますか? この記事では、葬儀費用を誰が支払うべきなのか、さまざまなパターンをご紹介いたします。

葬儀社への窓口は喪主が一元化

通常、葬儀費用の支払いは喪主が窓口となって行います。葬儀費用そのものを親族など複数の人で出し合うのはもちろん構いませんが、支払いの際は一箇所にまとめて、代表者が一元化するようにしましょう。

親族で出し合っても構わない

支払いは一元化すべきものの、葬儀費用の負担の仕方はさまざまです。喪主が全額を負担するケースもありますし、親族間でお金を出し合うこともあるでしょう。たとえば3人の子供たちがいたとして、親の葬儀を均等に3分割して出し合うということも、家によってはあるかもしれません。こうした細かい事情は、家族によってさまざまです。

香典という形で喪主を支援する

葬儀費用の支払いを間接的に支援する方法として香典があります。香典は、故人への弔意の表現と、喪主や遺族への経済的なサポートの意味合いがありますが、家族間や親族間で香典を包むことになんらおかしいことはありません。一般的な相場には捉われず、「葬儀費用を自分も負担するんだ」という想いから数十万円の香典を包むケースだって考えらるでしょう。

喪主は長男でなくても構わない

喪主が葬儀費用を支払いますが、では、喪主は誰が務めればよいのでしょうか。最も多いのは配偶者や長男です。旧民法では長男が家督を継いだので、その名残がいまの世の中でも残っています。とはいえ、喪主の決め方は、むしろ、「葬儀後に誰が故人の供養を主体的に行うか」という点が重視されており、このあたりは家族構成や事情によってさまざまです。必ずしも長男ではなく、次男や三男が務めることもしばしばです。

施主を立てることもある

喪主とは別に「施主」ということばを聞いたことはあるでしょうか? 喪主とは喪に服する主体であるのに対し、施主は葬儀の進行を取りしきる主体で、さまざまな手配や支払いを行います。最近の葬儀では喪主と施主を同一の人が行うのが通例ですが、これらの役割を分けても構いません。喪主に経済力がない時には、親戚などが施主になるケースもあります。

いかがでしたでしょうか。高額な葬儀費用だからこそ、自分ひとりで背負い込むのではなく、家族や親族と相談しながら進めていきたいものです。その協力している姿こそが、故人にとって一番の供養なのかもしれませんね。

関連記事

  1. 海外の葬儀-日本と異なるさまざまな方法

  2. 孫が弔辞 祖父、祖母の葬儀で読む例文やマナー

  3. 弔辞の意味と目的 どんなお葬式で、どんな方にお願いすればいいのか?

  4. 告別式はどう行えばよいか?流れや時間帯について

  5. 掛金満期でも安心できない! 「互助会」の仕組みをお見せします。

  6. こんな時ってどうするの? 身内が海外で亡くなった時の 手続きと手順

カテゴリー

  1. 散骨って何?新しい形の埋葬。

    2021.10.15

  2. 故人の遺言。ペットと一緒にお墓に入れる?

    2021.10.08

  3. 六曜?一粒万倍日?葬儀日程を決める時に気を付ける事

    2021.09.29

  4. 喪中に七五三のお祝いは控えるべき?

    2021.09.23

  5. 夏場の葬儀の服装。マナーは?

    2021.09.15

  6. お盆にお葬式は出来る?

    2021.09.07

  7. 世界各国のお葬式は日本でも可能?

    2021.08.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01