葬儀の相談を誰にすればいいのか?安心して相談できる人とは

葬儀についての不安や悩みを、いったい誰に相談すればいいのでしょうか。
葬儀はふだんから経験できるものではありません。
喪主の経験は一生にうちに一度あるかないかのものです。
にもかかわらず、大切な方の葬儀を後悔なく行いたいと思うものです。
悩みや不安を聞いてくれたうえで、適切なアドバイスをしてもらうためには、誰に相談すればいいのでしょうか。
お答えいたします。

一番安心なのは葬儀社への事前相談

葬儀のことは葬儀のプロに聞くのが一番。
葬儀のことで悩んだ時の相談相手の筆頭は葬儀社です。

中には、「押し売りをされるかも」「強引に勧誘されるかも」と不安に思う人もいるでしょう。
しかし、こちらから個人情報を伝えなければ葬儀社は営業のしようがありませんし、匿名で電話相談するのでも構いません。
まずはインターネットでいくつかの葬儀社を検索して、「ここだ」と思うところに連絡を取ってみましょう。

事前相談の方法には、電話、対面などがあります。その他にもメールや郵送、さらにはミーティングアプリ「ZOOM」を用いたオンライン相談を始めた葬儀社も見られます。

気を付けなければならないのは、必ず希望エリアの葬儀社に相談することです。
葬儀の悩みは主に「場所」「費用」「流れ」の3つだと言われていますが、「場所」はそのエリアの葬儀社でないと葬儀会館の案内ができません。
「費用」は地域ごとに相場が異なります。また「流れ」も地域の風習などによって大きく左右されます。
ですから、オンラインで日本全国どこの葬儀社ともつながれるとはいえ、葬儀の相談はそのエリアをカバーしている葬儀社に相談しないと、適切なアドバイスをもらえない可能性があるのです。

喪主経験のある親戚や友人にも話を聞く

葬儀のことは葬儀のプロに聞くべきですが、しかし彼らはあくまでもサービスの提供側です。
もう一つ大切なのは、これからあなたもすることになる「喪主」を経験したことのある人から話を聞くということです。

喪主になってみないと分からないことは実にたくさんあります。

●葬儀を進める上で何が大変だったか。
●どんなものを事前に準備していればよかったか。
●葬儀社には満足したか。
●どれくらいの費用がかかったか。

…など、葬儀社側の目線からでは絶対に分からない情報が、喪主経験者だからこそ聞き出せます。

ただし、他人の行った葬儀に関してあれこれ質問することは、一歩間違えると大変失礼な行為にもなります。本当に気心知れた相手に対して、きちんと言葉を選びながら相談しましょう。

関連記事

  1. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

  2. 葬儀で弔辞を述べるのですが、使ってはいけない「NGワード・忌み言葉」って何ですか?

  3. 喪主の挨拶 これだけチェックすれば葬儀・告別式の挨拶の注意事項と文例

  4. 意外と知らないエンディングノートと遺言書の違い 書く時の注意点とは

  5. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

  6. 意外と知らない通夜と告別式の違い どちらに参加すればいいの?

カテゴリー

  1. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考え…

    2021.04.07

  2. 介護中の親を看取った時の対応手順

    2021.03.28

  3. 大切な親の最後 後悔しないために今私がやっておくべきこと

    2021.03.23

  4. 終活でやることリスト

    2021.03.15

  5. 身内に不幸があった際は何をすればいいのか?

    2021.03.08

  6. 喪主の妻の役割は何をすればいいのか?

    2021.02.28

  7. 喪主を務めるときにやることリスト

    2021.02.22

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01