お通夜に参列するときの服装は? 喪服って非常識なの?

お通夜は親戚や故人と特に親しかった友人などが駆けつける意味合いがあり、告別式(ご葬儀)の前夜に行う式とされています。
お通夜と告別式では服装が異なりますので、ご紹介しましょう。

お通夜に喪服では行かないと心得る

基本的には、お通夜に喪服で参列するのはふさわしくないとされています。
訃報は突然受けるものにもかかわらず、通夜に喪服で行ってしまうと「不幸を予想していた」という意味合いになり失礼にあたるのです。

基本はダークスーツ

「訃報を受けて取り急ぎ駆けつける」という意味で、次のような服装で参列しましょう。
男性はダークスーツ。濃紺やダークグレーのもの。地味な色合いで無地のネクタイや黒い靴下。
女性は黒や紺など暗い色のワンピース、黒いストッキング。
靴は男女ともに告別式と同じように光沢のない黒の無地のものにします。

地域や周囲に確認しましょう

初めての地域や迷うときには、一緒に参列する人や周囲の人に聞いてみるとよいでしょう。遺族との関係や立場によっては、通夜の際にお手伝いすることも予想されますので、その際にはまた用意するものが変わってきます。
地域によっては喪服でもよいところもあるようです。

最低限のマナーは把握しつつ、周囲の人と足並みをそろえることも大切です。

関連記事

  1. はじめてお葬式に参列 仏教の葬儀での礼儀作法と注意することのまとめ

  2. 幸せな人生を送るための「終活」とは

  3. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  4. あなたは知ってる?神棚の意味合い。あなたの会社にも必要!?

  5. 葬儀に参列する時の女性の鞄の選び方

  6. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  2. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  3. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  4. 一般的な葬儀の流れ ご危篤からお葬式のあとの手続きまで

    2019.04.18

  5. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

    2019.04.15

  6. とにかく安く葬儀したい、お金を掛けずにお葬式をする方法

    2019.04.10

  7. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

    2019.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031