東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

都内で葬儀を行うのに、一体どこを利用すればいいのでしょうか。さまざまな選択肢がありますが、おすすめするのは、火葬場併設の斎場です。
施設が充実していること、移動が少ないため負担が軽減できることなどがその理由に挙げられます。詳しくご説明いたします。

火葬場併設斎場のメリット

火葬場併設斎場には次のようなメリットがあります。

●出棺の移動が楽

一番のメリットは、出棺の移動が楽なことです。火葬場と葬式場が離れている場合、霊柩車やマイクロバスなどの車両を利用して移動しますが、この行程が不要となります。建物の中を、あるいは敷地の中を歩いて移動すれば良いのですから、往復にかかる所要時間が大きく軽減されます。

●出棺車両の費用が節約できる

霊柩車やマイクロバスなどの出棺車両が不要なので、その分の費用が節約できます。ちなみに霊柩車は2~3万円、マイクロバスは3〜4万円が相場です。

●建物が充実している

東京都内の火葬場併設斎場は、建物施設が充実しています。葬儀式場の使いやすさは新しさは、正直選ぶ式場によって大きく差があるのですが、火葬場併設斎場は近代的な建物で、導線やバリアフリーへの配慮など、遺族が過ごしやすいよう設計されています。

●誰もが場所を知っている

火葬場はその地域住民にとっての公共施設ですから、多くの人に認知されており、参列しやすいという側面があります。「葬儀は多磨斎場で行います」と案内すれば、三鷹にお住いのほとんどの方はすぐに場所を理解できるでしょう。

●駐車場台数が多い

駐車台数が多いので、安心して車を停められます。土地に限りがあるのが東京です。葬式場によっては駐車台数に限りがあるところがたくさんあり、コインパーキングを探さなければならないこともしばしばですが、火葬場併設斎場では満車になることは比較的少ないでしょう。

●公営であればなおのこと安い

自治体による公営斎場であれば、なおのこと利用料金が安価です。その地域の住民の税金を用いて建てられた施設ですから、周辺の民営斎場よりも安く葬儀が行えるのです。ただし、23区内やその周辺地域は民営による火葬場しかしかないため、料金は比較的高めです。23区内唯一の公営斎場の臨海斎場(大田区)でさえも、利用料金を地域の相場にあわせており、公営にしては高めに設定されています。

東京都内の火葬場併設斎場一覧

都内にはたくさんの火葬場併設斎場があります。あなたのお住いの地域の斎場をぜひとも確認してみてください。

●町屋斎場(荒川区・民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。荒川区、台東区を中心に利用されています。

●四ツ木斎場(葛飾区・民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。葛飾区を中心に利用されています。

●桐谷斎場(品川区。民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。品川区、港区を中心に利用されています。

●代々幡斎場(渋谷区・民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。渋谷区、新宿区、杉並区を中心に利用されています。

●堀ノ内斎場(杉並区・民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。杉並区、中野区、練馬区を中心に利用されています。

●落合斎場(新宿区・民営)
東京博善グループの火葬場併設斎場です。新宿区、中野区、豊島区、練馬区を中心に利用されています。

●戸田斎場(板橋区・民営)
株式会社戸田葬祭場が運営する火葬場併設斎場です。板橋区や北区を中心に利用されています。

●谷塚斎場(草加市・民営)
聖典株式会社が運営する火葬場併設斎場です。所在地は埼玉県草加市ですが、足立区民も利用しています。

●臨海斎場(大田区・公営)
23区内で唯一の公営の火葬場併設斎場です。港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区の共同事業として運営されており、同区の住民は他の民営斎場より割安で式場が使用できます。

●日華多磨斎場(府中市・民営)
日華斎場は、株式会社日華が運営する火葬場併設斎場です。武蔵野市、三鷹市、西東京市、小金井市、小平市、府中市、調布市など、多磨地区を中心に多く利用されています。

●府中の森市民聖苑(府中市・公営)
府中の森市民聖苑は、府中市民のみ使用できる火葬場併設の公営斎場です。

●立川市斎場(立川市・公営)
立川市斎場は、立川市の市営斎場です。火葬場は隣接する立川聖苑を利用します。

●南多摩斎場(町田市・公営)
南多摩斎場は、八王子市、町田市、多摩市、稲城市、日野市の共同事業として運営されている火葬場併設斎場です。

●八王子市斎場(八王子市・公営)
八王子市斎場は八王子市が運営する火葬場併設斎場です。

●青梅市民斎場(青梅市・公営)
青梅市民斎場は、青梅市の市営斎場です。火葬場は隣接する青梅市火葬場を利用します。

●瑞穂斎場(瑞穂町・公営
瑞穂斎場は、瑞穂町、福生市、羽村市、武蔵村山市、埼玉県入間市の共同事業として運営されている火葬場併設斎場です。

●ひので斎場(日の出町・公営)
ひので斎場は、あきる野市、日の出町、檜原村、奥多摩町の共同事業として運営されている火葬場併設斎場です。

関連記事

  1. お葬式の日程の決め方 何をいつまでにやるの?

  2. 新しい荼毘の方法! どうなっていく火葬の方法?

  3. 神道お葬式の葬儀社の選び方

  4. 死亡届の書き方と提出期限について

  5. 故人の宗派が分からない!? 家族に聞いても意外と知らない仏教宗派の調べ方

  6. 通夜振る舞いって何ですか?意味と振舞い方

カテゴリー

  1. 死亡届の書き方と提出期限について

    2021.06.15

  2. 長男の弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2021.06.07

  3. 葬儀での遺族の服装マナーについて

    2021.05.28

  4. ご遺体安置ってなに? 何故、どこに安置するのか

    2021.05.23

  5. 東京で葬儀社を探すときの注意点

    2021.05.15

  6. お葬式を里帰りで行う場合、誰に相談すればいいか?

    2021.05.07

  7. 老人ホームに身内を預ける時に、話しておかないといけないもしもの…

    2021.04.28

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01