今増えている火葬式 その理由とメリット・デメリット

通夜や告別式を執り行わずに火葬だけで済ませる葬儀スタイルが「火葬式」で、いまこの火葬式が増えています(「直葬」とも呼ばれます)。そこにはどのような理由があるのでしょうか、メリットとデメリットも併せてご説明いたします。

増えている理由

火葬式が増えているのにはさまざまな社会的な背景があります。少子高齢化や核家族化により、そもそも葬儀が縮小化しています。その中でも特に「葬儀に費用をかけたくない」「声をかける人がいない」「僧侶の供養は不要だ」などと考える人が火葬式を選んでいます。

火葬式のメリット

火葬式にはどのようなメリットがあるのでしょうか。「安い」「早い」「楽に」というキーワードが挙げられます。

・「安い」費用を安く抑えられる
火葬式では、通夜や葬儀のようなセレモニーを行わないため、葬儀にかける費用を大幅に抑えることができます。式場使用料や祭壇など、葬儀費用にかかわる大部分が節約できます。通常、家族葬をするのには100万円近くの費用がかかりますが、直葬だと20万円から30万円程度で抑えることができます。

・「早い」その日のうちに葬儀を終えられる
火葬式では、短時間で葬儀を終えられます。通夜や葬儀などなく、火葬時間に合わせて遺族は火葬場に集合します。お別れ~火葬~待機~拾骨といった一連の流れにかかる時間は首都圏の火葬場で約1時間です。

・「楽に」遺族の負担を軽減できる
火葬式は、費用に安く抑えられ、火葬の立ち合いのみで終えることができます。経済的余裕のない人、高齢で体力のない人などの負担を軽減できます。

デメリット

上に挙げたメリットは、人によってはデメリットにもなりえます。デメリットとなる点には十分に気を付けましょう。

・満足感が得られにくい
大切なご家族を「安く」「早く」「楽に」済ますことで、逆に葬儀や供養の満足感を得られなくなるかもしれません。

・寺院や親戚から苦言を呈される
火葬式の多くは小規模に執り行われます。声をかけられなかった寺院や親戚から苦言を呈されるかもしれません。

・葬儀後の弔問の対応に追われる
あとで訃報を聞きつけた人が自宅に弔問に来ることも十分に考えられます。遺族はそのつど弔問客の対応に追われます。

お葬式は、亡き人との最後のお別れの場です。自分自身の供養心のためにも、対外的な配慮のためにも、家族や周囲の人ときちんと話し合いをしておくことが大切です。

火葬式のことで分からないことがございましたら、どうぞお気軽に東葬祭までご相談ください。お申し込みフォーム、またはお電話にて承ります。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. お墓で節税!? 縁起でもない! なんて言っていられないお墓の生前購入

  2. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  3. ペットの葬儀の方法と種類 大切な家族を供養したい

  4. 意外と知らない通夜と告別式の違い どちらに参加すればいいの?

  5. お布施の金額の相場っていくら?

  6. 外国籍の家族が亡くなったらどうする?お葬式は?

カテゴリー

  1. 外国籍の家族が亡くなったらどうする?お葬式は?

    2021.07.22

  2. 新型コロナ禍で葬儀の参列を辞退するときのマナーや断り方

    2021.07.15

  3. 密葬の参列者の範囲 誰を呼ぶかの目安と決定のポイント

    2021.07.07

  4. 葬儀の喪主で会社を休むときの一般常識 休める日数やマナーなど

    2021.06.30

  5. よく耳にする「ご愁傷様」の正しい使い方と意味について

    2021.06.23

  6. 死亡届の書き方と提出期限について

    2021.06.15

  7. 長男の弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2021.06.07

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01