棺の値段の違いはなに?安い棺はダメなのか?

棺は亡き人の遺体を納めるためのものです。

布団の上で眠っていた故人様ですが、棺に納まる姿を見ることにより、「本当にこの人は亡くなってしまったのだ」と、周りの人たちは実感するものです。
実際に日本の葬儀の現場では遺体を棺に納める時に「納棺式」という儀式を執り行うほどです。あえて儀式を設けているのは、それだけご遺体を棺に納める瞬間を大切なものだと認識していると言えるのではないでしょうか。

棺は、故人様と最期まで寄り添う唯一の葬具です。故人様の肉体が荼毘に付されるのと一緒に、火葬炉の中で燃えていきます。

ゆえに、棺に対する思い入れは他の葬具よりも強く、安価な棺から高価な棺まで、幅広く取り揃えられています。

棺の種類と価格

棺の価格は材質や仕様によって大きく異なります。たとえば木のお棺だとしても、材質が桧(ひのき)か樅(もみ)か桐(きり)によっても値段が変わります。さらに表面に彫刻を施したものではさらに価格は高騰します。
具体的にどのような種類の棺があるのか、そしてどれくらいの費用がかかるのかをまとめました。

木棺

木棺とは、木でできた棺のことです。「木」と言いましても、桧や桐などの天然木材の無垢ものもあれば、ベニヤ材と芯材を貼り合わせたコストダウンをした棺もあります。
また表面をきれいに平らに磨いたシンプルなものもあれば、棺のふたや側面などに彫刻をほどこしたものもあります。価格は安いものが4万円、高いもので100万円もの費用が設定されています。

布棺

布棺とは、棺の表面を布で覆っているものです。木棺に比べて柔らかい印象を与えてくれます。棺の表面にはさまざまな図柄やデザインが表現され、風景、模様、柄などをプリントしたものを表面に張り付けます。花祭壇などと合わせて選ぶとより引き立つことでしょう。価格は安いものでは8万円程度、高いもので50万円くらいでしょう。

エコ棺

環境問題に配慮したエコ棺をご存じでしょうか? エコ棺とは段ボール素材でできた棺のことです。とはいえ、わたしたちがよく知る段ボールがむき出しなのではなく、三層構造で表面は布張りされているため、見た目は合板せいのものと変わらないようになっています。
価格は10万円前後でしょう。
なお、東葬祭は都内で最初にエコ棺を採用しました。

安い棺はダメなのか?

棺には、高いものから安いものまでさまざまなものがありますが、どれを選ぶかは喪主や遺族の自由です。高い棺を選んでも、安い棺を選んでも、故人様は等しく火葬され、お骨になります。とはいえ、故人様と一緒に連れ添って火葬炉に入ってくれる棺。最後くらいは少しだけでもいいものを選んであげても良いかもしれませんね。

関連記事

  1. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  2. 神棚ってどこに置けばいいの? 方角も関係あるの?

  3. 意外と知らない葬儀にかかる費用の内訳

  4. 孫が弔辞 祖父、祖母の葬儀で読む例文やマナー

  5. 海外の葬儀-日本と異なるさまざまな方法

  6. とにかく安く葬儀したい、お金を掛けずにお葬式をする方法

カテゴリー

  1. 死亡後の手続きのまとめ 大切な方が亡くなられたらするべきこと一覧

    2019.10.20

  2. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  3. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  4. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  5. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  6. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  7. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01