互助会とはなにか? 意味と役割について

葬儀社はいくつかの種類に分けることができます。その中でも「互助会」という言葉を聞いたことがある人も多くいるのではないでしょうか。互助会とは一体どんな葬儀社なのか。そのポイントをまとめました。

互助会は毎月の掛金を積み立てる葬儀社

互助会とは、正式には「冠婚葬祭互助会」と呼ばれ、互助会の会員は毎月一定の金額(数千円)の掛け金を支払い、結婚式や葬儀などの冠婚葬祭費用を積み立てします。一般的な営利企業が会員からお金を預かって運用するわけですから、どんな企業でも互助会システムを採用できるわけではありません。互助会の監督官庁は経済産業省であり、営業のためには許認可を受けなければならないのです。

掛け金とそのプラン

月々の掛け金は2000円、3000円、5000円などがあり、支払回数も60回や90回など、葬儀社によってさまざまです。
会員になると、冠婚葬祭の場面で会員特別価格で結婚式や葬儀のサービスを受けられるのが特典です。

互助会の成り立ち

互助会は読んで字のごとくお互いを助けることを理念として始まった葬儀システムです。戦後間もなく横須賀市の西村葬儀社が「横須賀市冠婚葬祭互助組合」として発足したのがはじまりです。お金のない市民同士がそれでも大切な結婚式や葬儀はきちんと執り行いたいという思いから、お金を出し合いお互いを助け合うという理念のもとに始まったものです。

トラブルの多い互助会

しかし、日本が高度成長期を迎えると、日本中に互助会ができ、活発な会員勧誘が社会問題にまで発展しています。昨今では互助会と聞くとトラブルを連想する方も多くいるのではないでしょうか。互助会は会員の月々の掛金を元手に設備投資を行えるため、会員数がそのまま死活問題につながります。ですからしつこい勧誘や、解約しぶりなどが問題となり、法外な解約手数料は訴訟問題にまで発展しています。

具体的には次のようなトラブルがあります。

  • 掛け金だけで葬儀ができると錯覚する
    勧誘員は会員獲得に必死です。毎月の少額の掛け金でいざという時葬儀がきちんと取り行えると錯覚しがちなものですが、実際には影金が充当されるのは葬儀費用の一部に対してであり、いざ葬儀を行うとなるとたくさんの追加費用を払わなければなりません。
  • 解約しぶりや法外な解約違約金
    会員をやめようと解約を申し出てもなかなか解約に応じてくれないという報告も上がっています。まだ法外な解約手数料は訴訟問題に発展しています。

関連記事

  1. 意外と知らない密葬の意味 家族葬との違いなど

  2. 三鷹市の葬儀社についてまとめてみました

  3. 葬儀社の選び方 突然の不幸でも失敗しない後悔しない式に

  4. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

  5. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

  6. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

カテゴリー

  1. 死亡後の手続きのまとめ 大切な方が亡くなられたらするべきこと一覧

    2019.10.20

  2. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  3. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  4. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  5. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  6. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  7. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01