葬儀社選びで事前に気をつけること5選

大切な亡き人の葬儀はただ一度、やり直しはできません。しかも、葬儀の実施は人生で一度あるかないかのことです。だからこそ、後悔しないお葬式のためには、信頼関係を紡ぐことのできる葬儀社選びが重要になってきます。

この記事では葬儀社選びで気を付けるべき5つのポイントについて解説します。

葬儀社としての実績・経験

新規参入が激しい葬儀業界です。まだまだ実績や経験の浅い葬儀社は、安い価格で集客しようとします。

しかし実際に葬儀を行うには、お客様のお住まいのエリアである程度の実績や経験のある葬儀社が安心です。地域の火葬場、斎場、寺院などとの連携がスムーズに行える葬儀社だと、葬儀の運営が滞る心配がありません。

ちなみに私たちAZUMA葬祭は、三鷹市・武蔵野市を中心に、東京都内全域での葬儀施行の実績があります。

明朗な費用構成・葬儀プラン

葬儀費用は、喪主様が一番頭を悩ます部分です。

「高い費用はかけられないけど、だからといって見すぼらしいお葬式にはしたくない」
「葬儀費用の内訳がそもそも分からない」

こうした喪主さまの声に応えるため、葬儀費用の内訳が明朗に示されているか、葬儀プランの中に何が含まれているかを分かりやすく説明できる葬儀社は優秀だと言えます。
会社の透明性・頻繁な情報発信
その葬儀社がどこにあるか、創業何年か、代表者の名前と顔、これまで取り組んできた葬儀の実績などがWEBサイトなどで公開されているか確認しておきましょう。

会社情報をオープンにする会社は透明性を大切にしている傾向にあり、喪主様に対しても真摯なサービスを提供することでしょう。

また、葬儀についての情報を頻繁に発信しているかどうかも、その会社のよしあしを図るひとつの目安となります。

丁寧で分かりやすいな説明

葬儀は分からないことだらけで、一般の人だと分からない専門的な言葉もたくさんあります。これらを専門用語を用いずに、喪主や遺族が分かる言葉で説明してくれるスタッフは、喪主視点に立っていると言えるでしょう。

スタッフの人柄・相性

意外に大事なのがスタッフの人柄や相性です。親近感が持てる人柄であったり、この人なら任せられるという相性の良さを感じたら、それはいい葬儀になる可能性は大です。

葬儀はモノを買うのではなく、葬儀という儀式、つまり人によるサービスを買うのです。だからこそ、人のよしあしが葬儀の満足度を左右するのです。
まとめ
私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。お葬式全般や仏事について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 喪中、忌中の方にお中元は送っていいの?また故人宛に届いた場合はどうすればいいの?

  2. 葬儀屋さんの役割って何だろう?葬儀社自身が改めて考えてみた

  3. 故人の記念木の植樹について

  4. 喪主の心のケア グリーフケア、グリーフサポートとは

  5. あなたはお通夜と告別式どちらに参列すべき?違いや判断の基準

  6. 葬儀で着用する靴下は黒 その意味とマナーについて解説

カテゴリー

  1. 神棚って自分で作れるって本当?

    2024.04.20

  2. 喪主を頼める人がいない。死後事務委任契約とは

    2024.04.10

  3. ナースの方から「ここにこのまま体を置いておけないので運んでくれ…

    2024.04.10

  4. お金がなくて、葬儀代が出せないときはどうすればいいの?

    2024.04.07

  5. 余りにも突然のことでショックや動揺を隠せない中でしたが、昼夜を…

    2024.04.02

  6. 心に残るお葬式:あるラガーマンとのお別れ心に残るお葬式

    2024.04.01

  7. 骨壺はどこで買う?種類は?相場は?

    2024.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01