お葬式にはどんな種類があるの?葬儀の種類と相場感について

葬儀や供養が多様化していると言われています。葬儀にはどのような種類があり、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。この記事では、葬儀の種類と相場について詳しく述べてまいります。

お葬式に費用相場一覧

「いい葬儀」を運営する会社・鎌倉新書によると、葬儀の種類別の費用相場(全国平均)は次のようになります。

一般葬 1,493,624円
家族葬 964,133円
一日葬 851,461円
直葬(火葬式) 445,376円

ただしここには飲食費や返礼品、お坊さんへの謝礼費が含まれていません。葬儀の飲食にかかった費用は平均31万円、返礼品にかかった費用は平均34万円、お布施の費用は平均24万円というアンケート調査も出ています。すると、上記の葬儀費用とは別に89万円もの費用がかかる計算になります。

会葬者が少ないと、飲食や返礼品の費用が軽減される

最近では会葬者が少ない家族葬や一日葬が人気です。これらを選ぶと、そこにかかる費用も平均より下回るでしょう。なぜなら、ここで挙げられているアンケート調査の結果は、葬儀全体からの平均だからです。

4つの葬儀の種類の中でも最も多く選ばれている家族葬を例に、現場の相場感をもとに費用を算出してみましょう。

飲食代は、1人当たりの費用を両日で8000円とし、親族20名の家族葬で16万円。
返礼品は、1個1000円の品物が20個で2万円。
もしも香典返しを当日に返すのであれば、1個3000円が10世帯で3万円。
お布施の24万円は妥当なラインでしょう。
こう考えると、葬儀費用以外に45万円がかかるという計算になります。

一日葬だからと言って、費用が半額になるわけではない。

気をつけなければならないのは一日葬です。2日あるべきところが1日だからといって、不要負担が半額になるわけではありません。一日葬でも2日間の葬儀でも祭壇や棺などは同じものを使うため、半額というわけにはいかないのです。家族葬よりも1割から2割近く安い費用で行える程度に思っておきましょう。

葬儀費用はお客様が一番気にされること。分からないことがございましたら、どうぞお気軽に東葬祭までご相談ください。お申し込みフォーム、またはお電話にて承ります。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

この記事は、株式会社鎌倉新書のアンケート調査「葬儀費用の相場を徹底比較|お葬式の形態で異なる通夜/火葬/お布施等の費用を12のポイントでチェック」を参考にいたしました。
https://www.e-sogi.com/guide/14293/

関連記事

  1. 近頃はホームセンターでも売っている神棚。 どこで購入すればいいの?

  2. 納棺に立ち会うことになりました。服装は喪服を着ないといけないの?

  3. こんな時ってどうするの? 身内が海外で亡くなった時の 手続きと手順

  4. 妊娠中も葬儀に参列していいの? 気になる迷信とマナーについて

  5. 身寄りのない方のお葬式はどうやってやればいいの?

  6. 意外と知らないエンディングノートと遺言書の違い 書く時の注意点とは

カテゴリー

  1. 葬儀屋さんの役割って何だろう?葬儀社自身が改めて考えてみた

    2021.04.15

  2. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考え…

    2021.04.07

  3. 介護中の親を看取った時の対応手順

    2021.03.28

  4. 大切な親の最後 後悔しないために今私がやっておくべきこと

    2021.03.23

  5. 終活でやることリスト

    2021.03.15

  6. 身内に不幸があった際は何をすればいいのか?

    2021.03.08

  7. 喪主の妻の役割は何をすればいいのか?

    2021.02.28

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01