お葬式にお花を贈るには? だれに頼むの? 値段はいくら?

葬儀では、さまざまな形で弔意を表します。

弔問と香典に並んで最も選ばれているのが供花、つまりはお花のお供えです。

お花のお供えには、会館に贈る、ご自宅に贈るなど、さまざまな方法があります。

 

「供花の相場はいくらくらいなの?」

「供花はどうやって贈ればいいの?」

「供花以外にお悔やみの気持ちを表す方法はあるの?」

 

この記事では、お葬式に贈るお花についてまとめました。

ご一読いただいて、参考になれば幸いです。

 

さまざまな供花と相場

ひとことに「お花のお供え」と言っても、いくつかの種類に分けられます。

それらをひとつずつ見ていきましょう。

 

1.枕花

枕花とは、ご自宅にご安置された故人様の枕もとにお供えするお花です。

血縁の方、故人と親しかった方が、訃報を聞きつけてすぐにお供えします。

お通夜の前に、僧侶が「枕経」を読みあげる時に供えるために、このように呼ばれています。

平均的な値段は1基が10,000円~20,000円。

花の種類に決まりはありませんが、白の菊や洋花を基調とした盛り花(アレンジメント)がよく選ばれているようです。

 

2.供花(くげ・きょうか)

通夜や葬儀の会場に贈り、祭壇両脇に並べて飾ります。

白菊を基調にしたもの、洋花のものなど、ある程度の希望は喪主や遺族が決めます。

相場は1基が15,000円~30,000円。

故人様と近い関係にある人は一対で贈ることもあるようです。

最近では、花祭壇を選ばれる人も多いため、見栄えの統一感を出すために、仕様と価格を喪主が指定するケースも増えています。

 

3.花輪

花輪とは、会館の外に並べて飾るものです。

家族葬が増えた昨今ではほとんど見なくなりましたが、地方や郊外ではまだまだ花輪を出す地域があるようです。

中には、花輪の飾りつけができない会館もあるので注意しましょう。

相場は15,000円~20,000円です。

 

4.献花

献花とは、葬儀式の中で故人に弔意を表す方法のひとつです。

仏式の葬儀では焼香を行いますが、キリスト教葬や無宗教葬では、参列者は献花で弔意を表します。

献花に用いる花(主に白のカーネーション)は、喪主が用意するので、参列者が費用を負担することはありません。

 

5.葬儀後のご自宅へのお供え

葬儀を終えた後に、遺骨へのお供えとしてお花を贈ることもできます。

形は、枕花と同様、アレンジメントがよいでしょう。

相場は5,000円~10,000円くらいです。

 

供花の申込は葬儀社に連絡を!

葬儀式場に贈るお花は葬儀社が受付しています。

喪主や遺族に連絡しても構わないのですが、ただでさえ慌ただしくしているため、葬儀社に直接連絡する方がよいでしょう。

申込は次のような手順で行われます。

 

1.供花を出す先の喪家名(○○家)と喪主名を伝える

まずは、どの家の葬儀にお花を贈りたいのかを伝えましょう。

葬儀社では、複数の葬儀を対応していますから、行き違いがないように、明確に喪家名と喪主名を伝えます。

 

2.申込者の氏名、住所、電話番号を伝える

申込者の氏名と住所と電話番号を伝えます。

供花の代金は後日請求書が送られてきます。

 

3.札名を指示する

供花には名札を取り付けますが、そこに記す名前を指示します。

文字に間違えがあってはならないので、多くの葬儀社はFAXやメールを用いています。

 

4.仕様と金額を決める

供花の仕様(菊花か洋花かなど)は、複数あるうちの任意のものを選べます。

ただし最近は、式場に飾りつけした時の統一感を重視しているために、金額や仕様を指定されていることが多いようです。

 

5.支払い方法の確認

供花代金の支払いは、2通りあります。

申込者が式場に参列するのであれば、現地で現金支払いができます。

日を改めて葬儀社の口座への振込を希望する場合は、請求書を郵送してもらいましょう。

 

供花は通夜当日の午前中までには申し込む

供花は通夜当日の午前中までには申し込みましょう。

祭壇の設営とあわせてお花も飾り付けされます。

どうしても、間に合わない場合は、通夜閉式後、あるいは翌日の葬儀開式前にも飾りつけしてもらえますが、可能な限り早く申し込みをしましょう。

 

お花以外の弔意の伝え方

弔意の表し方は、なにもお花のお供えだけではありません。

お花以外にどんな方法があるのかをまとめました。

 

●弔問・会葬

一番の弔意の表し方は、弔問や会葬です。

つまり、通夜や葬儀に足を運ぶということです。

葬儀式場への会葬が叶わないとしても、葬儀前や葬儀後に、喪主の自宅に弔問することもできるでしょう。

自宅に弔問に伺う時は、事前に家族に連絡をしておきましょう。

葬儀前後の家族は大変慌ただしくしています。

急な訪問で先方を困らせない配慮が大切です。

 

●香典

いまでは、葬儀の参列の際に持参するのが当たり前となった香典。

袋の中に紙幣を入れて、喪主や遺族に差し出すます。

香典には、「このお金で故人様が喜ぶものをお供えしてください」「ささやかではありますが、このお金でご遺族の負担を軽減してください」というような、周りの人たちの想いが込められているものです。

 

●供物(果物籠・缶詰籠)

お花のお供え以外に、果物や缶詰を籠にまとめて供える方法もあります。

手配したい場合は葬儀社に依頼しましょう。

相場は1組が10,000円~20,000円でしょう。

 

●弔電

弔電とは、お悔やみの電報です。

葬儀に参列できない方が、通夜や葬儀にあわせて式場に贈ります。

もちろん、葬儀に参列する上で弔電を送っても構いません。

弔電は、式の中で数通ほど読み上げられます。

最近では、NTTだけではなく、さまざまな企業が電報サービスを始めています。

局番なしの115や、インターネットから申込できます。

 

お祝いのお花も受け付けています

また弊社では、お祝いのお花も取り扱いをしています。

町の生花店に発注するよりも、実は葬儀社に手配をお願いした方が扱い高が多く、新鮮なお花がお届けできます。

地元で信頼のおける葬儀社に相談してみてはいかがでしょうか?

もしサービス適用外ならば、国内はおろか世界の主要都市までお届けが可能です。

町の生花店が出来るサービスであれば、弊社も対応可能だということです。

お祝いのお花ですから、ブライダル用のお花も承っています。

ブライダル関係は、ゼクシィさんでも取り上げて頂いた技術者の指導で、お洒落なものがお届けできます。

もしも不安に思われるようなら、ネットなどでお好みの写真などを送って頂ければ、イメージ通りのものをご用意いたします。

弊社お客様にも大変ご満足され、毎月ご依頼を頂いているほどです。

関連記事

  1. 葬儀服装マナー その服装大丈夫?恥をかかないための知識

  2. 社葬とはどんな時に行うものか?社員でもできるの?意味と経費などの扱いについて

  3. 海外の葬儀-日本と異なるさまざまな方法

  4. 社長の葬儀 注意すべき3つの事

  5. 通夜振る舞いって何ですか?意味と振舞い方

  6. お布施の金額の相場っていくら?

カテゴリー

  1. 吉祥寺で葬儀社を探してみた 東京都武蔵野市でおさえておきたい葬…

    2020.01.18

  2. 三鷹で葬儀社を探してみた 東京都三鷹市でおさえておきたい葬儀屋5社

    2020.01.15

  3. 社長の葬儀 注意すべき3つの事

    2020.01.09

  4. 葬儀社の選び方 選ぶ時間がない時にチェックしておきたい5つのポイ…

    2020.01.03

  5. 令和元年 お客様の声をまとめてみました④

    2019.12.21

  6. 令和元年 お客様の声をまとめてみました③

    2019.12.10

  7. 令和元年 お客様の声をまとめてみました②

    2019.12.05

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01