Homeご参列(葬儀知識) > どうやって香典袋にお札を入れていますか?

どうやって香典袋にお札を入れていますか?

 

お通夜、ご葬儀には、故人に対する供養の気持ちを表すものとして香典を持参します。

昔から色々な形がありましたが、現代では香典=現金となっています。

香典袋へのお金の入れ方や包み方のマナーを説明しましょう。

 

■宗教によって異なる香典袋

香典袋は宗教によって異なります。表書きは必ず喪主(喪家)の宗教に合わせましょう。

宗教がわからない場合は一般的には「ご霊前」を使います。

・通夜、葬儀など悲しいこと、お悔やみは一度だけでいい、との考えから「結び切り」の不祝儀袋を使います。

・香典袋を選ぶ際には、包む金額に合わせたグレードのものにしましょう。少ない金額なのに重厚な袋では釣り合いがとれません。

 

■お札は新札ではないものを

新札は用いません。なぜなら不幸を見越して用意していたように思われるからです。だからといって汚れていたり破れていたり、シワだらけのお札は失礼にあたります。なるべくきれいなお札を使いましょう。

・袋に書いた金額と違う金額を入れないよう注意しましょう。

・お札には、表(人物の顔がついている方)と、裏(顔のない方)があります。

・お金の向きはそろえましょう。

 

■中袋の表側にお札の表がくるように入れる

・香典袋は中袋がついているものが望ましいです(中袋がない場合は不祝儀袋に直接包みます)。

・中袋に入れるお札の向きに決まりはないようですが、厳密には、袋の表側にお札の表がくるように入れるのが正しいとされています。

・中袋、香典袋に糊付けはしません。

 

■「上から下へかぶせる」と覚える

・中袋に現金を入れ、さらに外包みで包みます。

・外包みの裏の重なりは「上部が下部を覆うように」たたみます。

包み終えたら最後に水引で留めます。

お悔やみ事のときは上から下へかぶせる、亡くなった方にお悔やみの気持ちで頭を下げると覚えてはいかがでしょうか。

 

訃報の連絡はいつも突然です。

そんな際にあわてないためにも、普段から数種類の香典袋や薄墨のペンなどは用意しておきたいものです。