お葬式を里帰りで行う場合、誰に相談すればいいか?

お葬式を自分の住まいではなく実家に里帰りして行う場合、いったい誰に相談すればいいのでしょうか。かつての故郷も、しばらく離れているために慣れない土地になってしまっているというのは珍しい話ではありません。
頼りになる人がいれば、ぜひともその人の力を借りて、納得のいくお葬式をしたいものです。

家族・親戚

なんといっても最も頼りになるのは家族や親戚です。あなたの両親、兄弟姉妹、祖父母、叔父叔母(伯父伯母)、甥姪、いとこなどがあたります。

もしも故郷にこうした家族や親戚がいるのであれば、協力しあって葬儀を進めるのが一番です。葬儀の方針を決めるだけでなく、その地域の風習、評判のいい葬儀社、お寺との関わり合いなど、自分自身でわからないことも、密にコミュニケーションをとりながら進めていきます。
こうすることで、あなた自身も助かりますし、家族や親族にも「ともに葬儀を進めている」という主体的な参加意識が芽生え、いい葬儀になっていくでしょう。

友人知人

友人や知人も、大切な相談相手です。家族や親戚ほどに詳しい相談はできないかもしれませんが、地域独特の風習や、葬儀社の評判など、参考になる情報が得られるかもしれません。

寺院

里帰りをして葬儀を行う場合、菩提寺があるケースがほとんどです。菩提寺とは、その家の先祖代々を供養してくれているお寺のことです。
葬儀の時はもちろんそのお寺から住職や僧侶がやってきますし、その後の仏壇やお墓の供養についても関わりが続いていきます。
わからないことはどんどんお寺に相談していくことで、関係性が積み上がり、いい葬儀、いい供養になっていくことでしょう。

葬儀社

お葬式を執り行うには、葬儀社にお願いしなければなりません。家族や親戚、友人や知人、そしてお寺にも相談できないとなると、葬儀社に相談しましょう。その地域の事情をよく把握していますし、実際にあなたと葬儀を作り上げていくパートナーですから、一番頼りになる存在だと言えます。いい葬儀社との出会いがそのままいい葬儀へと直結します。

葬儀社は必ず複数問い合わせてみましょう。まずは電話などで簡単な質問をして、電話越しにその葬儀社の信頼性や誠実さを見極めます。そして見積書やパンフレットなどを請求し、費用や実績、会館設備を比較していきましょう。

AZUMA葬祭は、三鷹市、武蔵野市を中心とした地域密着型の葬儀社です。葬祭のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。
お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

  2. あっ、骨壷がお墓に入らない! 意外と知られていない関東と関西でサイズが違う! 納骨の注意点

  3. 死亡届の書き方と提出期限について

  4. 葬儀日程(お通夜・お葬式・法事法要)のスケジュールはどうやって決めるか

  5. 弔辞の意味と目的 どんなお葬式で、どんな方にお願いすればいいのか?

  6. 通夜をしない葬儀はありなの?一日葬や家族葬などについて

カテゴリー

  1. コロナ対策も万全。オンライン葬儀とは?

    2022.01.15

  2. 成人の日に葬儀は出来る?

    2022.01.07

  3. 幼児、小学生が葬儀に出席する時、喪服は必要?

    2021.12.30

  4. 喪主が葬儀当日に体調不良。喪主代理は誰に頼む?

    2021.12.23

  5. 葬儀前に、お坊さんを替える事は出来る?

    2021.12.15

  6. 高齢化社会。身寄りがいない人の葬儀はどうなる?

    2021.12.07

  7. 冬の葬儀。タイツやマフラーはOK?

    2021.11.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01