老人ホームに身内を預ける時に、話しておかないといけないもしもの時の話

老人ホームに入所している身内が危篤、あるいは逝去した時に、どのような対応をしておくか、事前にホームと家族との間で話し合いが行われていると安心です。

提携の医療機関の確認

老人ホームは介護施設です。そこで働く介護スタッフや看護師は、ある程度の医療行為はできますが、専門性を要する対応はできません。
介護施設にもよりますが、通常、老人ホームはどこかん医療機関と提携しています。

どこの医療機関のサービスが受けられるのか、いざという時にどこの病院の医師が検死をしてくれるのか、事前に確認しておきましょう。

老人ホームでの看取りについて

老人ホームでの看取りの可否は、施設によって異なります。容体が急変したら病院に搬送されるのが常ですが、中には延命治療を放棄し、個人の意思で最後を迎えることを希望する人もいます(尊厳死)。
こうした希望に対して施設側が対応できるかどうかも、確認が必要です。
ちなみに「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査」(厚生労働省)によると、特別養護老人ホームの76.1%、老人保健施設の64.0%、介護療養型医療施設の81.9%が「終末期に入った入居者に対して看取りを行っている」のだそうです。老人ホームでの看取りは一般化されてきていると言えるでしょう。

施設での看取りを実施するには、医師、24時間対応のスタッフが必要ですし、さまざまな条件をクリアしなければなりません。
また、施設側との事前確認書や同意書、看取介護計画書などが交わされます。まわりに入居者がいる中での看取りですから、スタッフと家族が手を携えあうことが大切です。

施設での葬儀について

老人ホームによっては施設内で葬儀を執り行うところが徐々に増えてきています。ただしその内容はさまざまで、一般的な葬儀ができるところから、小規模のお別れ程度のもの、僧侶の読経を控えるなど、施設の方針によって制約があるようです。
老人ホームは居住空間でもありますから、施設の中でお亡くなりになる方がいると、まわりの入居者はその方を弔いたい、お見送りしたいと思うのものです。ここが病院でのご逝去との大きな違いではないでしょうか。

家族としては、ホームで身内が亡くなった時にどのような対応をするべきかを事前にスタッフと話し合っておくことで、いざという時に慌ただしい思いをしなくて済むでしょう。

AZUMA葬祭は、三鷹市、武蔵野市を中心とした地域密着型の葬儀社です。葬祭のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。
お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 身内が亡くなった時に先ず行う5つの事

  2. 三鷹で葬儀社を探してみた 東京都三鷹市でおさえておきたい葬儀屋5社

  3. 互助会とはなにか? 意味と役割について

  4. 誰もが「いい葬儀」を実現するために、だまされない4つの方法

  5. 急な葬儀 喪主の持ち物や準備しておくこと

  6. はじめてお葬式をやる 葬儀社の選び方・決め方

カテゴリー

  1. 東京で葬儀社を探すときの注意点

    2021.05.15

  2. お葬式を里帰りで行う場合、誰に相談すればいいか?

    2021.05.07

  3. 老人ホームに身内を預ける時に、話しておかないといけないもしもの…

    2021.04.28

  4. いざという時、何をすればいいか【身内が亡くなった時】

    2021.04.22

  5. 葬儀屋さんの役割って何だろう?葬儀社自身が改めて考えてみた

    2021.04.15

  6. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考え…

    2021.04.07

  7. 介護中の親を看取った時の対応手順

    2021.03.28

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01