家族葬・近親者のみの葬儀での訃報連絡の仕方

最近、家族や近親者だけで行う家族葬が増えていますが、どのように訃報連絡をすればいいのか分からないという声をよくいただきます。
ひと昔前は一般葬が主流で、親族や関係者問わず広く訃報を流すことができました。しかし、家族葬では、参列して欲しい人と参列を控えて欲しい人とを区別しなければならないからです。この記事では、家族葬の訃報連絡の方法をご紹介いたします。

参列してほしい人への連絡

家族葬では、家族や近親者など、参列を希望する人だけに連絡をします。参列して欲しい人には、まずは故人の逝去を電話で伝えましょう。
葬儀社との打ち合わせで日程や場所が決まれば、メールやファックスなどの文字情報として伝えます。口頭で伝えるよりも間違いが少ないのでオススメです。
香典や供花などを辞退するのであればこの時に伝えておきます。

参列を控えてほしい人への連絡

参列を控えてほしい人には、基本的には故人の逝去を伝えません。事後報告として、葬儀後にハガキで「葬儀は近親者のみで執り行い、無事に終えたこと」を報告します。また、年末が近い人には喪中ハガキと兼ねて郵送しても構いません。

しかし、中には葬儀の前にお伝えしなければならないケースもあります。
たとえば、会社や学校に対しては忌引きの休暇を申請しなければなりません。家族葬で行うために弔問や香典は辞退する旨をきちんと伝えておきましょう。
また、ご近所には直接挨拶に出向いて伝えます。地域によっては自治会内で訃報連絡の内容が取り決められているところがありますので、自治会長に相談しましょう。隣近所は葬儀のあとも付き合いが続いていくので、事前に故人の逝去を知らせた上で、家族葬で行う旨を伝えておいたほうが賢明です。

事後報告の文例

葬儀後に亡くなったことを知らせるハガキには、どのように書けば良いのでしょうか。下の文章を参考にしてください。



父 太郎儀式 かねてから療養中でございましたが
去る◯月◯日に永眠いたしました
◯◯歳の生涯でした
ここに謹んでご通知申し上げます

葬儀は 故人の生前の意志を尊重し
誠に勝手ながら 家族のみにて執り行いました
本来ならば早速申し上げるべきところでございましたが
お知らせが遅れましたことをお許しください

尚 お供えやお香典につきましては
ご辞退させていただきたくお願い申し上げます
生前中賜りましたご厚誼に深謝し
失礼ながら 書中をもってお知らせ申し上げます

令和二年◯月◯日

〒181-0012東京都三鷹市上連雀2丁目5−15
喪主 東太郎


訃報連絡など、不慣れなお葬式では分からないことばかりです。葬儀や仏事でお困りのことは、どうぞお気軽に東葬祭までご相談ください。お申し込みフォーム、またはお電話にて承ります。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

 

関連記事

  1. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  2. 妊娠中も葬儀に参列していいの? 気になる迷信とマナーについて

  3. 知っていますか? 宗派によって異なる、お焼香の回数

  4. 通夜の食事(通夜振舞)は、食べないと不作法? 食事のマナーと意味

  5. お葬式でレンタルできるものをまとめてみました

  6. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

カテゴリー

  1. 今増えている火葬式 その理由とメリット・デメリット

    2021.01.22

  2. 家族葬での喪主の挨拶 どんな挨拶が必要か例文を紹介

    2021.01.15

  3. 直葬(火葬式)にお経は必要なの?お願いする場合としない場合

    2021.01.08

  4. お葬式にはどんな種類があるの?葬儀の種類と相場感について

    2021.01.01

  5. 家族葬は誰まで呼べばいいのか?家族や近親者の範囲について

    2020.12.21

  6. 家族葬・近親者のみの葬儀での訃報連絡の仕方

    2020.12.15

  7. 葬儀費用を安く抑える方法 賢く良いお葬式をする為に

    2020.12.07

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01