棺とはどういうものか?また入れていいものは何か?

棺とは、遺体を納めるためのものです。
この記事では、棺について、そしてその中に納める副葬品について詳しく解説いたします。

棺の材料

棺の形状は、みなさんテレビなどで見たことがあると思います。
現在日本で使用されている多くの棺は木棺、つまり木でできた棺です。
この他にも、陶棺(とうかん:陶製の棺)や石棺(せっかん:石製の棺)もありました。
陶棺は古墳時代に見られた棺の形です。
また石棺はもっと古く、縄文時代から各地で見られました。
現在でもお墓の中で遺骨を納骨する部分を「石棺」と呼ぶほどです。

木の棺と布張棺

いまの日本は火葬が主流なので、木棺が一般的です。
そして棺も主に木の棺と布張棺の2つに分けられます。
木の棺は大変厳かな雰囲気をかもし出します。
檜(ヒノキ)や樅(モミ)や桐(キリ)などが選ばれ、高級品になると棺の天面や側面に立派な彫刻が施されます。
一方の布張棺は、木の棺の表面にきれいな柄や文様が施され、華やかな印象を与えるでしょう。

副葬品

棺の中に納める物のことを副葬品(ふくそうひん)と呼びます。
副葬品は古来より世界中で納められてきて、死者と一緒に物品を埋葬します。
昔の人たちはへその緒や配偶者の髪の毛、着物や人形などを入れていたようです。

また世界に目を向けても、権力者の埋葬地からは財宝が見つかると言います。死後も権勢を振るいたいと考えたのでしょうか。
約10万年前のネアンデルタール人も仲間の死に際して花を手向けたものだと言われています。
いまの日本でも、棺の中にはお花をいっぱいにします。
ある意味お花こそが、最もポピュラーな副葬品なのかもしれません。

棺の中に入れてはいいものといけないもの

副葬品は、原則可燃のものに限ります。
燃えないものは必ず棺に納めないようにしてください。

次の4つがその理由です。

〇公害の原因:ビニール製品、化繊の衣類、発泡スチロール、CDなど
〇遺骨を汚す:カン、ビン、ガラス製品など
〇火葬炉の故障の原因:テニスラケット、釣り竿、ゴルフクラブなどのカーボン製品、心臓のペースメーカーなど
〇燃えにくいもの:大きなぬいぐるみ、辞書などの書籍など

私たちは、自分たちが故人に寄り添って、ともにあの世に向かうことはできません。
だからこそ、副葬品に想いを込めるのではないでしょうか。

副葬品のパターン

副葬品にもさまざまなパターンがあります。

【故人への想いを表現】
ある人は故人へのお手紙を書く人もいます。
ある人は記念写真。
こうしたものは故人と自分たちとの思い出を副葬品に込めています。

【故人が好きだったもの】
故人の好物や、愛用していたものなどを納めることで、あの世で寂しい想いをしている故人の気持ちに寄り添うことができます。
いろいろなものを納めてあげたい気持ちは分かります。
ただし火葬場は公共空間ですから、職員や他の参列者の迷惑にならないようにしましょう。
無理な副葬品は、遺体を傷つけ、火葬炉の故障の原因にもなります。
葬儀社スタッフや火葬場の職員の指示に従って副葬品を納めましょう。

 

関連記事

  1. 幸せな人生を送るための「終活」とは

  2. 葬儀の撮影マナー お葬式で写真は大丈夫?

  3. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  4. お墓で節税!? 縁起でもない! なんて言っていられないお墓の生前購入

  5. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  6. 葬儀に参列する時の女性の鞄の選び方

カテゴリー

  1. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  2. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  3. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  4. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  5. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  6. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  7. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01