よく耳にする「ご愁傷様」の正しい使い方と意味について

葬儀では、喪主や遺族にかける言葉として「ご愁傷様」という言葉を用います。普段なかなか口にしない言葉ですから、自分の使い方が合っているのか、間違っているのか、分からないものですよね。
この記事では、「ご愁傷様」の正しい使い方と意味について、詳しく解説いたします。

ご愁傷様は、悼み悲しむ相手によりそう挨拶語

まずは「愁傷」という言葉をひもといてみます。『広辞苑』(第5版)には次のように書いてありました。

しゅう-しょう【愁傷】うれえいたむこと。嘆き悲しむこと。

「愁」の文字は訓読みで「うれい」とも読みます。物寂しさが感じて心が沈む。思い悩む。悲しむなどの意味です。この状態に「傷」という言葉をつけ、最大限にその痛ましさを表現しています。

その「愁傷」の状態にある喪主や遺族の心情を慮るように「御」と「様」をつけて、葬儀の時の挨拶の言葉にしているのです。
ちなみに、相手の状態を示す言葉に「御−様」をつける挨拶表現は他にも見られます。
たとえば、「ご苦労様」や「お疲れ様」などは、大変な思いをしている相手をねぎらう挨拶として浸透していますよね。「ご馳走様」は、馳走(=食事や、食事を用いたもてなしのこと)に対しての感謝と敬意が込められています。

ご愁傷様 2つの意味

さて、次に広辞苑で「ご愁傷様」という言葉を調べてみました。そこには次のように記載されています。
ごしゅうしょう-さま【御愁傷様】人の不幸に際し、その縁者に同情して言う挨拶の言葉。また相手の期待はずれを皮肉っていう時にも用いる。
たしかに、葬儀の時以外にも、相手をからかうように「ご愁傷様」を言うことがあります。「お気の毒」や「残念」という意味も含んでいますが、日常会話の中で別の意味で使われるのを、みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。

葬儀では、まず「ご愁傷様」を述べる

葬儀への参列シーンでは、まず「このたびは、ご愁傷様でございます」と述べておけばマナー違反には当たりません。
葬儀に参列するとはじめに受付に通されますが、そこでも「ご愁傷様」を用いましょう。なぜなら受付係りの人たちは。喪主の代理としてそこにいるからです。

あまり固苦しくならないように

ただし、「ご愁傷様」はかしこまった公的な挨拶表現です。気心の知れた相手に対して「このたびはご愁傷様でございます」という挨拶は、逆にぎこちなく感じられるものです。まして最近は家族葬が多いので、公的な関係よりも私的な関係性における参列が増えているのではないでしょうか。
相手を思いやる想い、共に悲しみ悼みますという想いを、自分の言葉で述べるほうが、より相手の心に響くということもあります。
ただ決まりきった挨拶を述べればいいのではなく、相手の心に寄り添う言葉を心がけてみてください。

AZUMA葬祭は、三鷹市、武蔵野市を中心とした地域密着型の葬儀社です。葬祭のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。
お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

  2. 喪中に七五三のお祝いは控えるべき?

  3. 会社の人などの場合、通夜と告別式どちらへ行くのがいいのでしょうか?

  4. 年末年始に葬儀はできる?

  5. どうやって香典袋にお札を入れていますか?

  6. お葬式へ行ったときの流れ。一般的な通夜・告別式の流れをまとめました。

カテゴリー

  1. 冬の葬儀。タイツやマフラーはOK?

    2021.11.30

  2. 年末年始に葬儀はできる?

    2021.11.24

  3. 災害が発生した時。葬儀は執り行える?

    2021.11.17

  4. 終活について。何から始める?

    2021.11.10

  5. 宇宙葬?費用や方法について

    2021.10.30

  6. お葬式に供える供花。選び方やマナー

    2021.10.24

  7. 散骨って何?新しい形の埋葬。

    2021.10.15

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01