葬儀の日程の決め方はなにを優先して決めていくべきか

ご逝去から葬儀までは時間の余裕がありませんが、葬儀日程はどのように決めていけばよいのでしょうか。この記事では、葬儀日程を決める際のポイントを、優先順位の高い順にご紹介いたします。

優先したいのは、喪主や遺族の想い

まず何より、喪主や遺族の想いを最優先しましょう。「早く葬儀をしたい」と考える人もいれば、「少しだけでも最後の時間を設けたい」とあえて日程を開けて葬儀を行う人もいます。
その上で、葬儀日程を決めるには、ご遺体の状況、親族への配慮、式場や火葬場の空き状況、友引、菩提寺の都合などを調整しなければなりません。詳しく解説いたします。

ご遺体の状況

ご遺体の状況は冷静に見極めなければなりません。ドライアイスやエンバーミングなどである程度状態を保てるのであれば、その期間内で葬儀日程を決めます。
ただし、状況によっては早く火葬をした方がいいケースもあります。このあたりは、葬儀社と相談しながら決めていきましょう。

親族が集まりやすい日程

身内の方々が無理なく参列できる日程が望ましいでしょう。特に、遠方からの参列が多い場合は、葬儀当日までに集まれるかどうかを検討します。

式場や火葬場の空き状況

希望の式場の空き状況、それにともなって火葬場の空き状況を確認します。日程を優先して葬儀式場を押さえたくても、なかなか空きが見つからないというケースは少なくありません。
また、火葬場は慢性的に混雑しており、そのために葬儀までに3~4日空けるということも少なくありません。
こうした場合、日程を変更するか、あるいは葬儀の場所を変更するかなどして対応します。

友引の葬儀は避ける

友引は「友をあの世へ引っ張る」日として葬儀を避けるのが古くからの慣わしです。そのため、多くの火葬場が友引を休館日としています。
中には友引でも稼働している火葬場もあります。喪主や遺族が気にしなければ火葬をしても構いませんが、参列する親族の中には不快に思う人もいるかもしれません。

菩提寺の都合

菩提寺とは、ご先祖様を代々供養するお寺のことです。菩提寺があれば、その菩提寺に来てもらい、供養をしてもらいます。そのため、希望の葬儀日程に菩提寺の都合が合うかどうかも、事前に確認しておきましょう。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。お葬式全般について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 葬式の費用払えない 葬祭扶助制度とは

  2. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

  3. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  4. 遺言書と遺産管理の重要性について

  5. 葬儀での遺族の服装マナーについて

  6. お葬式しなくてもいいの? やっぱり必要なお葬式

カテゴリー

  1. 戒名は必要?戒名をつける意味とは

    2024.02.15

  2. 2024年3月10日(日)/20日(水)-もしも講座・事前相談会を開催(参加無…

    2024.02.13

  3. 遺産相続で、もめないために知っておきたいこと

    2024.02.03

  4. 大変よくしていただきありがとうございました。

    2024.02.01

  5. 死亡通知状とは?またその書き方

    2024.01.31

  6. 葬儀屋さん選びで失敗しないポイントは

    2024.01.25

  7. 2024年1月21日の新聞折込チラシ掲載-イベント・セミナー・フェア案内

    2024.01.21

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01