身寄りのない方のお葬式はどうやってやればいいの?

お葬式は通常、家族が故人をこ繰り出しますが、では、身寄りのない人のお葬式はどのように行えばよいのでしょうか。

自分の最後を「誰か」に託す

自分の最後を自分で考える終活が人気です。しかし、どんなに自分自身でエンディングノートをまとめたとしても、その希望を実行に移してくれる「誰か」がいなければなりません。
だからこそ、元気なうちにその「誰か」を見つけ、自分自身の葬儀を託すための契約を結んでおくと安心です。ここでいう「誰か」とは、友人知人や、専門家などの第三者のことを指します。そして、第三者に死後事務を託すことができる制度が「死後事務委任契約」です。あなたが心から安心できる人と死後事務委任契約を結んで、お葬式を託しましょう。

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、家族や親戚以外の第三者にさまざまな死後事務を委任するための契約です。死後事務委任契約の中では、葬儀に関すること以外でも、次に挙げることがらを第三者に委任できます。

<葬儀や供養に関すること>

  • 遺体の引き取り・搬送
  • 役所への死亡届の提出
  • 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する手続き
  • 永代供養に関する手続き
  • 関係者への死亡通知

<役所・病院・職場関係の手続き>

  • 戸籍関係の諸手続き
  • 健康保険、公的年金等の資格抹消手続き
  • 勤務先企業・機関の退職手続き
  • 病院・医療施設の支払い、退院・退所手続き

<生活の中の身の回りの手続き>

  • 家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払い手続き
  • 住居内の遺品整理
  • 公共料金の精算・解約手続き
  • 住民税や固定資産税の納税手続き
  • 遺産の処理・分配
【死後事務委任契約の結び方】

死後事務委任契約は誰と結んでも構いません。気の知れた友人や知人でもよいですし、法律の専門家にも依頼できます。司法書士や弁護士事務所などでは実際に死後事務の委託代行を事業として行っています。

いずれにせよ、誰に何を託すかを決めたら契約書を交わすわけですが、これも決まった書式があるわけではありません。契約内容を書き込み、委任者(依頼する側)と受任者(依頼される側)の署名捺印があれば、それで契約書としての役目は果たします。
ただ、いざ受任者が死後事務手続きを進める上でトラブルに巻き込まれてはいけませんので、きちんと公正証書にしておく方が安心でしょう。

葬儀社と生前契約を結んでおこう

このようにして、「誰に」葬儀を任せるかが決まれば、委任者と受任者と葬儀社の三者で生前契約を結んでおきましょう。いざご逝去となった時も、病院からは受任者に連絡が入り、受任者が葬儀社に連絡して、葬儀を手配することができるのです。

身寄りのない人が息を引き取ってしまうと、行政が遺体を火葬して、永代供養として埋葬されます。そうならないためにも、元気なうちから自分のお葬式のことを考え、自らの死後の葬儀や供養を第三者に託しておくのが大切です。

関連記事

  1. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  2. 正しい神棚の設置方法とは?方向、配置、お供え物から処分の方法まで

  3. 棺の値段の違いはなに?安い棺はダメなのか?

  4. えっ! IT葬儀! 僧侶がPepper君!? お布施は払うの?

  5. 葬儀の撮影マナー お葬式で写真は大丈夫?

  6. 事件性の有無を警察が確認する時も、まずは葬儀社に一報を!

カテゴリー

  1. 知っておきたいお葬式の種類 どんな葬儀があるの?

    2020.07.31

  2. 東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

    2020.07.25

  3. 葬儀の相談を誰にすればいいのか?安心して相談できる人とは

    2020.07.17

  4. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  5. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  6. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  7. よい家族葬を行うための葬儀社選びのポイント

    2020.06.21

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01