身寄りのない方のお葬式はどうやってやればいいの?

お葬式は通常、家族が故人をこ繰り出しますが、では、身寄りのない人のお葬式はどのように行えばよいのでしょうか。

自分の最後を「誰か」に託す

自分の最後を自分で考える終活が人気です。しかし、どんなに自分自身でエンディングノートをまとめたとしても、その希望を実行に移してくれる「誰か」がいなければなりません。
だからこそ、元気なうちにその「誰か」を見つけ、自分自身の葬儀を託すための契約を結んでおくと安心です。ここでいう「誰か」とは、友人知人や、専門家などの第三者のことを指します。そして、第三者に死後事務を託すことができる制度が「死後事務委任契約」です。あなたが心から安心できる人と死後事務委任契約を結んで、お葬式を託しましょう。

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、家族や親戚以外の第三者にさまざまな死後事務を委任するための契約です。死後事務委任契約の中では、葬儀に関すること以外でも、次に挙げることがらを第三者に委任できます。

<葬儀や供養に関すること>

  • 遺体の引き取り・搬送
  • 役所への死亡届の提出
  • 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬に関する手続き
  • 永代供養に関する手続き
  • 関係者への死亡通知

<役所・病院・職場関係の手続き>

  • 戸籍関係の諸手続き
  • 健康保険、公的年金等の資格抹消手続き
  • 勤務先企業・機関の退職手続き
  • 病院・医療施設の支払い、退院・退所手続き

<生活の中の身の回りの手続き>

  • 家賃・地代・管理費等の支払いと敷金・保証金等の支払い手続き
  • 住居内の遺品整理
  • 公共料金の精算・解約手続き
  • 住民税や固定資産税の納税手続き
  • 遺産の処理・分配
【死後事務委任契約の結び方】

死後事務委任契約は誰と結んでも構いません。気の知れた友人や知人でもよいですし、法律の専門家にも依頼できます。司法書士や弁護士事務所などでは実際に死後事務の委託代行を事業として行っています。

いずれにせよ、誰に何を託すかを決めたら契約書を交わすわけですが、これも決まった書式があるわけではありません。契約内容を書き込み、委任者(依頼する側)と受任者(依頼される側)の署名捺印があれば、それで契約書としての役目は果たします。
ただ、いざ受任者が死後事務手続きを進める上でトラブルに巻き込まれてはいけませんので、きちんと公正証書にしておく方が安心でしょう。

葬儀社と生前契約を結んでおこう

このようにして、「誰に」葬儀を任せるかが決まれば、委任者と受任者と葬儀社の三者で生前契約を結んでおきましょう。いざご逝去となった時も、病院からは受任者に連絡が入り、受任者が葬儀社に連絡して、葬儀を手配することができるのです。

身寄りのない人が息を引き取ってしまうと、行政が遺体を火葬して、永代供養として埋葬されます。そうならないためにも、元気なうちから自分のお葬式のことを考え、自らの死後の葬儀や供養を第三者に託しておくのが大切です。

関連記事

  1. 跡継ぎがいなくなったお墓はどうなるの? 墓じまいとは

  2. ペットの葬儀の方法と種類 大切な家族を供養したい

  3. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  4. 納棺時よく柩に入れるもの、入れてはいけないもの?お金や手紙はどうなの?

  5. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

  6. お葬式が終わると、あっという間に四十九日。続けて、準備が必要な法事の費用と目安

カテゴリー

  1. 死亡届の書き方と提出期限について

    2021.06.15

  2. 長男の弔辞 父、母の葬儀で読む例文や注意すること

    2021.06.07

  3. 葬儀での遺族の服装マナーについて

    2021.05.28

  4. ご遺体安置ってなに? 何故、どこに安置するのか

    2021.05.23

  5. 東京で葬儀社を探すときの注意点

    2021.05.15

  6. お葬式を里帰りで行う場合、誰に相談すればいいか?

    2021.05.07

  7. 老人ホームに身内を預ける時に、話しておかないといけないもしもの…

    2021.04.28

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01