入院中のお見舞い 葬儀後のお返しはどうしたらいい?

入院中にいただいたお見舞いの品。
通常であれば、快気祝いの品物をお贈りし、元気に退院できたことの報告を兼ねてお返しします。

しかし、闘病の甲斐なく亡くなってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?
このケースでは、亡くなってしまったことをどのタイミングで相手に伝えるかによって、お返しの仕方が変わります。
ケース別に見ていきましょう。

死亡したことをすぐに伝える場合

もしも、死亡したことをすぐに伝えるのであれば、自然な流れとして、相手はそのまま葬儀への参列、あるいは香典などを用意することが予想されます。入院中の介護や看護、その直後に執り行わなければならない葬儀、さらには葬儀後の死後手続きや法要。遺族が慌ただしい思いをしていることは、相手もよくわかっていることです。

ですから、慌てて無理せずお返しをする必要はありません。
ごく自然なのは、香典返しと併せて行うことです。香典返しは、葬儀や弔問などでいただいたお香典のお返しを、四十九日法要が無事済んだことの報告を兼ねて行います。

ですから、葬儀後、約一カ月をかけて、だれに何を贈るのかを決めていきます。
お見舞い返しも、このタイミングでするのがいいでしょう。

死亡したことを葬儀のあとに伝える場合

最近は家族葬が多く、弔問を控えてもらうために、訃報をすぐには伝えずに、葬儀を終えた後に連絡する人が増えています。この場合は、故人が亡くなったこと、葬儀を無事に終えたことの報告と合わせて、お見舞い返しをしましょう。
ただし、相手は訃報を知ったことにより改めて香典などを贈ってくることが予想されます。その場合は改めて香典返しもしなければなりません。

お見舞い返しと香典返しは一緒? 別々?

香典返しとお見舞い返しは一緒にしてもいいのでしょうか?
それとも別々の品物を用意した方がいいのでしょうか?

これは、どっちがいい、どっちがダメというものではありません。どちらの方法でお返しをしても失礼には当たらないでしょう。

もしも別々の品でお返しをするのであれば、それぞれに香典返しの表書き(「志」「満中陰志」など)とお見舞御礼の表書きののしや短冊をつけます。ひとつの品物でふたつのお返しを兼ねるのであれば、香典返しの表書きでもよいでしょう。

お返しの品物には礼状を挟むのですが、その中に、お香典に対してだけではなくお見舞いいただいたことの御礼をも文面にしたため、少しばかりでもよい品物をお贈りすればよいでしょう。
お返しの方法は、地域性もあるので、お住いの葬儀社やギフトショップに相談してみることをおすすめいたします。

関連記事

  1. 位牌って何?選び方や種類、戒名について

  2. 近頃はホームセンターでも売っている神棚。 どこで購入すればいいの?

  3. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  4. 喪中ハガキはいつどうやって出すの?時期と書き方の例文など

  5. 都立霊園は安い!?使用料や募集内容などについて

  6. お墓の土地って買うんじゃないんだ。 お墓を借りられる「永代使用」について

カテゴリー

  1. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  2. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  3. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  4. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  5. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  6. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  7. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01