納棺に立ち会うことになりました。服装は喪服を着ないといけないの?

納棺は、故人様を棺の中に納める際に執り行う儀式です。

通夜や葬儀と異なり、身内だけが集まって行いますので、堅苦しくなる必要もありませんが、一方で厳粛な側面もあります。

通夜や葬儀は喪服と分かっていても、納棺の時の服装で迷われている人は意外と多くいます。

納棺に立ち会う時にはどのような服装をすればよいのかをまとめましたので、参考になれば幸いです。

 

納棺の服装は、納棺の場所とタイミングによる

 

結論から先に言いますと、納棺の服装は、納棺の場所とタイミングによります。

自宅での納棺の場合は、平服でも喪服でも構いません。

葬儀式場での納棺の場合は、喪服を着用しましょう。

納棺がどのような儀式なのか、そしてどのように執り行われるかを見ていきながら、納棺の服装について詳しくご説明していきます。

 

納棺は家族向けの儀式

 

納棺とは、故人様のご遺体を棺の中に納めることです。

これをただの作業として行うのではなく、わざわざ儀式にしていることにはどんな意味があるのでしょうか。

通夜や葬儀の場は、寺院を招くという意味では「宗教的な儀式」ですし、ご近所の人や、会社関係や、ご縁のあった人たち(俗にいう「一般会葬者」)にも参列してもらうことを考えると、いわば「社会的な儀式」でもあります。

家族葬が主流の昨今でも、この宗教性や社会性を考えた時に、葬儀は厳粛に、あるいはしめやかに行われるべきですし、喪主や親族は寺院や参列者の対応に追われます。

ところが、納棺は家族や親族だけで行う「家族向けの儀式」です。

葬儀式場はただでさえ不慣れな場所で緊張を強いられますし、寺院や参列者の対応など、ばたばたと慌ただしくなってしまうものです。

それに対して納棺は、住み慣れた家で、故人様とゆっくり向き合えます。

また、納棺を葬儀式場で行うとしても、そこに同席するのはみな親族などの身近な人たちばかりです。

身近な人たちだけが集まって、故人様の肌に触れながらゆっくりとお別れができる、これこそが納棺の素晴らしい所なのです。

 

葬儀全体の中での納棺の流れ

 

納棺のタイミングに決まりはありません。

これは、ご遺体を自宅に安置するか、葬儀社や火葬場の安置施設を利用するかによっても大きく異なります。

 

  • 自宅安置の場合

故人様を自宅にご安置する場合は、通夜当日に納棺することが多いでしょう。

たとえば、通夜当日の午後2時頃から納棺を始め、そのまま葬儀社の搬送車で斎場までお連れし、午後6時から始まる通夜式に備える、という流れが最もシンプルでしょう。

もちろんこればかりではありません。

日程的な都合で日程や時間帯をずらすこともあります。

また、夏の暑い時などは、棺の中にドライアイスを入れることで保冷効果が増すため、事前に納棺をしておくこともあります。

 

  • 安置施設を利用する場合

自宅へのご安置が難しい場合は、葬儀社や斎場が保有する安置施設を利用します。

施設を利用する場合は、布団に横たわった状態での安置と、先に納棺をして安置するパターンと、2通りががあります。

遺族が納棺式を希望する場合は、布団のまま通夜当日まで安置して、通夜式が始まる直前に葬儀式場で納棺式を執り行います。

また、遺族が納棺式を希望しない場合、あるいはご遺体の状況から先に納棺しておいた方がよい場合は、葬儀社が納棺し、施設に預けます。

 

納棺に立ち会う時にふさわしい服装

 

さて、以上のことをふまえて、納棺の時にふさわしい服装を考えます。

 

  • 自宅で納棺する場合は「平服でも構わない」

 

自宅で納棺する場合は、平服でも構いません。

これは、納棺が「身内向けの儀式」だからです。

通夜や葬儀という儀式に先立つ前の、家の中で行う儀式ですから、喪服を着用して喪に服していることを誰かに示す必要がないのです。

ただし、喪服でも構いません。

納棺を終えてすぐに葬儀式場へ移動するのであれば、喪服を着用しておくのがよいでしょう。

その家に済んでいる人なら着替える余裕があるかもしれませんが、遠方からやって来た親戚などは、予め喪服を着ておきましょう。

 

  • 葬儀式場で納棺する場合は喪服

 

自宅での納棺ができない場合は、葬儀式場で行います。

この場合は喪服を着ておきましょう。

納棺を終えたらそのまま通夜式に臨むからです。

式場で着替えることもできますが、慌ただしくなってしまうので、事前に喪服を着ておくことをおすすめします。

 

平服の場合でも、控えめな服装にする

 

平服でも構わないとはいえ、納棺も故人様を送り出す大事な儀式です。

あまり華美なものは着ないようにしましょう。

衣服には、自分が何ものであるかを示し、自分自身の気持ちを表現する役割があります。

葬儀の場合では、自分が故人様の死を悼んでいることを示し、悲しんでいることを表現しなければなりません。

ですから、黒やグレーなどの控えめな服装にしておきましょう。

 

困った時は葬儀社に相談

 

納棺にも地域性があります。

遠方の親戚が納棺に立ち会ったところ、喪主たちが平服であることに不快感を示してトラブルになったケースもあるようです。

これは、親戚の住む地域と喪主の住む地域の慣例の違い、自分たちが考える「常識」の違いが原因です。

ですから、困った時には葬儀社に相談するのかよいでしょう。

ネットをご覧になり、葬儀をお申込みされた喪主様に限りましては、喪服を無料でお貸ししております。
お申し込みフォームまたはお電話にて承りますが、その際「ネット予約の喪服貸出」をご希望されることをお伝えください。ご希望された方のみ無料となります。
※葬儀日程によっては、ご希望に添えない場合もございますので、事前に必ず係にご確認下さい。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940
(24時間・365日)

 

関連記事

  1. お葬式でレンタルできるものをまとめてみました

  2. 社葬とはどんな時に行うものか?社員でもできるの?意味と経費などの扱いについて

  3. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

  4. いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

  5. 葬儀服装マナー その服装大丈夫?恥をかかないための知識

  6. お葬式が終わると、あっという間に四十九日。続けて、準備が必要な法事の費用と目安

カテゴリー

  1. 葬儀場での宿泊 費用・持ち物、お付き添い出来る人など

    2019.10.10

  2. 葬儀の日程 逝去からお通夜・お葬式・法事法要の全体スケジュール

    2019.10.01

  3. 喪主の挨拶 葬儀・告別式での例文と内容のコツ

    2019.09.24

  4. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  5. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  6. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  7. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01