外国籍の家族が亡くなったらどうする?お葬式は?

外国籍の家族が亡くなったら、どのように対応すればいいのでしょうか。

死亡届の提出

日本に在住している外国人が亡くなったら、その方が住民登録されている自治体に死亡届を提出します。すると役所は受理証明書、記載事項証明書を出してくれます。これらの書類はその後の領事館とのやりとりで必要となるので大切に保管しましょう。死亡届が受理されると、そのまま法務局、外務省領事局外国人課を経て、相手国の領事などに死亡通知がなされます。また、故人の在留カードは住民登録されている自治体に返納します。

火葬は慎重に

日本では、亡くなった方のご遺体は火葬にするのが当たり前です。日本の火葬率は99.99%だと言われているほどです。しかし、外国籍の方の火葬はくれぐれも慎重に行いましょう。

国内でこそ火葬が一般的であるものの、世界的に見ると火葬よりも土葬の方が多く行われています。特にイスラム教やキリスト教など、復活思想のある宗教の地域では火葬そのものがタブーとされているところもあります。

日本の慣例にしたがって火葬をしてしまうと、大変なトラブルに発展する恐れがあります。火葬をするかどうか、家族間で話し合うなど、十分に注意しましょう。

海外移送の方法

海外への移送は、空輸で行われるのが一般的です。その際、遺体にエンバーミングと呼ばれる防腐措置を施します。

ご遺体の血液を抜き取り、防腐剤などの保護液をご遺体に注入しすることにより、10日間から2週間程度、腐敗の進行を食い止めることが可能となります。海外移送の場合、埋葬までに長い時間を要しますので、遺族の心理的にも、またご遺体の衛生面においても、エンバーミングは必要不可欠です。

海外移送に必要な書類として、故人のパスポート、死亡診断書、埋葬許可証、防腐処理証明書(エンバーミングを施した場合)、納棺証明書(棺の中のご遺体が本人であることの証明)、非感染症証明書などが挙げられます。

遺体の海外輸送には、国内の移送費、エンバーミングの費用、空輸の費用、その他もろもろの手続きの費用などがかかります。費用相場は100万円から150万円と言われています。

このように、ご遺体の空輸には、エンバーミング、専用の棺の準備、空輸の手続きなどが必要となります。通常の葬儀とは異なり、しなければならないことが多岐にわたるのです。AZUMA葬祭では、外国籍の方のお葬式や、ご遺体の海外移送など、多数の経験がございます。お困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。葬儀社に相談するのが安心です。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 葬儀に用いる花のマナー 種類と選び方・相場・手配方法など

  2. お布施の金額の相場っていくら?

  3. 急な葬儀! 喪服がない。レンタルできますか? 金額はいくらですか?

  4. 葬儀の服装マナー。参列する際に着せる子どもの服装は?

  5. お葬式にはどんな種類があるの?葬儀の種類と相場感について

  6. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

カテゴリー

  1. 夏場の葬儀の服装。マナーは?

    2021.09.15

  2. お盆にお葬式は出来る?

    2021.09.07

  3. 世界各国のお葬式は日本でも可能?

    2021.08.30

  4. 葬儀会社の比較は故人に失礼は本当?

    2021.08.22

  5. 娘婿は喪主になれる?喪主の決め方

    2021.08.16

  6. 突然の事故で家族を失った時 遺族がやるべき事

    2021.08.08

  7. 遺言で葬儀の有無、方法は指定できる?

    2021.07.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01