お葬式へ行ったときの流れ。一般的な通夜・告別式の流れをまとめました。

通夜や告別式に参列したとき、どう行動すればいいのか、戸惑うことも多いのではないでしょうか。
ここでは、一般的な通夜・告別式の流れと注意点をまとめました。

通夜

通夜は一般的に夕刻の18時頃に始まります。
1.受付での記帳 
お香典は、この時に受付に渡します。

2.お焼香 
喪主、遺族のあとに一般参列者が焼香します。
自分の番がきたら、焼香台の手前で遺族に一礼します。
焼香台の前に進み遺影に一礼をし、右手の3本の指で抹香をつまんで香炉へくべます。

本来は宗派によってくべる回数が決まっていますが、葬儀の時間がつまっていたり参列者が大勢来ていたりする場合は、心を込めて1回だけでかまいません。

最後に遺影に向かい合掌し 遺影に一礼、遺族にも一礼してから席に戻ります。
おおよそ1時間くらいでお焼香と読経が終わり、喪主が参列者にあいさつし、閉会となります。

3.通夜振舞(つやぶるまい)
閉会後、通夜振舞というお清めの食事への参加を促される場合があります。

特にお誘いのない場合は退出してかまいません。

 

告別式

告別式は時間厳守です。開式前に会場に到着するよう心掛けましょう。

1.受付・記帳
通夜に参加していない場合は受付でお香典を渡します。
すでにお通夜で渡している場合、告別式では記帳のみ行います。再度お香典を渡す必要はありません。

2.僧侶による読経、弔辞と弔電の紹介

3.お焼香
お通夜の焼香と同じ流れです。僧侶、喪主、遺族のあとに一般参列者が焼香します。
終わると司会者が閉会を宣言します。

4.出棺
お棺の中の故人の周りに生花を飾り付け、最後のお別れをします。その後、蓋のされた棺は遺族や親族の手で霊柩車へと運ばれます。
最後に喪主が弔問客へあいさつを述べます。参列者は出棺をお見送りし、告別式は終了します。

注意するべき言葉

通夜、告別式ともに、遺族の方とあいさつを交わす場合は以下のような「忌み言葉」を使わないように気をつけましょう。

・不幸が重なるという意味あいの「重ねる」「かさねがさね」などは☓
・再び不幸が訪れることを連想させる「また」「たびたび」などは☓
・「苦」を連想させる数字の「九」や、「死亡」など「死」を直接使う言葉は☓

通夜、告別式ともに、故人を偲びご遺族を思いやる心をもって臨みましょう。

関連記事

  1. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

  2. 弔電の例文集

  3. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  4. はじめて弔電を出す方へ。失敗しない弔電の送り方

  5. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  6. 間違って使っていませんか? 柩と棺の違い

カテゴリー

  1. 葬儀社にお願いする前に確認しておくべき4つの事

    2019.09.17

  2. 日本とは違う世界のお葬式 イスラム教編

    2019.09.12

  3. 日本とは違う世界のお葬式 キリスト教編

    2019.09.03

  4. 身内が亡くなった時に先ず行う4つの事

    2019.08.25

  5. 三鷹市の葬儀社についてまとめてみました

    2019.08.15

  6. 喪主のマナー 決め方・服装・はずかしくない言葉使いや挨拶・焼香…

    2019.08.07

  7. 葬儀屋ってどんなお仕事なの? 葬儀の仕事についてまとめてみました

    2019.07.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01