私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

新聞の社会面の下部などの「死亡広告」を目にしたことがありますか? 

これはどのような人が掲載されるのでしょうか? 

 

■ 「死亡広告」は「広告」
「死亡広告」は故人が亡くなったことを広く知らせ、告別式などの日程を広く周知するためのものです。

故人または遺族の意思で新聞に掲載するもので、掲載する新聞の種類や文面は遺族の意思で決めることができます。

 

別名「お悔やみ広告」「黒枠広告」とも呼ばれています。

これには掲載費用を支払う必要があります。

 

■ 「死亡広告」の注意点
気をつけたいのは、故人や喪主の氏名や住所、葬儀の日程など、個人情報がかなり掲載されてしまうことです。

それらをもとに墓石や墓地などの営業がくることもあります。住所をもとに葬儀中に空き巣に入られたという被害も報告されています。

個人情報保護の立場から、最近では掲載数も少なくなっているようです。

 

告別式の日程を周知すべき人が多い場合や、ほかの連絡方法ではうまく伝わらない場合、たとえば企業の社長や地元の名士の葬儀の告知などに限られてきているようです。

 

また故人の交友関係が広い場合であっても、香典や供花を辞退する場合には、近親者のみで密葬を済ませてから、葬儀完了のお知らせとともにその旨を掲載することもあります。

 

 

■ 「死亡広告」とは異なる「死亡記事」

死亡広告とは別に、死亡記事というものがあります。

こちらは掲載に料金はかかりませんが、掲載されるかどうかは新聞社の裁量で決まります。

 

紙面スペースの加減などで、掲載は保証されるものではありません。

また、掲載してほしくない場合には拒否することができます。

 

 

このように、故人が地元の名士や会社の経営者であるなど、広く確実に周知する必要がある場合には「死亡広告」が利用されるようです。

 

 

関連記事

  1. 新しい荼毘の方法! どうなっていく火葬の方法?

  2. 納棺に立ち会うことになりました。服装は喪服を着ないといけないの?

  3. よくわからない初めてのお墓の引越し! 今のお墓は遠くてお参りが大変! でもお墓の引越しってできるの?

  4. 間違って使っていませんか? 柩と棺の違い

  5. 間違って使っていない? 「忌中」と「喪中」の違いって知っていますか?

  6. お葬式に家紋は必要ですか? 自分の家の家紋はご存じですか?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930