Homeご参列(葬儀後), ご家族(葬儀後) > 喪中の際に、お歳暮(お中元)は控える方がよいのでしょうか?

喪中の際に、お歳暮(お中元)は控える方がよいのでしょうか?

お中元、お歳暮は日頃のお礼の気持ちを表すものです。

お祝いごとではないので、贈っても贈られても差し支えありません。

とはいうものの、気をつけなければいけないマナーもありますので覚えておきましょう。

 

■自分(贈る側)が喪中のとき

基本的に、四十九日を迎えていない場合は、控えるようにします。

・「お中元」「お歳暮」の時期が過ぎてしまってから贈る場合には「季節のご挨拶」とします。

・これを贈ってはいけない、という品物はありません。

・水引は紅白ではないもの、無地の奉書紙(無地の紙)または、無地の短冊を使用します。

・喪中に故人宛にお歳暮が届いた場合、相手に亡くなったことを伝え、お礼状を添えてお返しの品物を贈ります。

 

■相手(受け取る側)が喪中のとき

季節の挨拶の意味を持つ「お中元」「お歳暮」ですから、贈ることに何の問題もありません。

しかし、四十九日も明けていない場合には、忌明け(四十九日以降)を過ぎてからにしましょう。

・お歳暮の時期を過ぎてしまってから贈る場合には「寒中見舞い」などの名目にします。

・相手が喪中であるとわかっている場合は、無地の奉書紙または無地の短冊を使います。

くれぐれも故人宛に贈ったりしないよう、気をつけましょう。