冬の葬儀。タイツやマフラーはOK?

寒さ厳しい冬に葬儀への参列。服装にはどのような点に気をつけなければならないのでしょうか。

「コートをきて参列してもいいのかな」
「喪服の上にマフラーを巻いてもいいのかな」
「ストッキングでなくタイツでも大丈夫かな」

このようなことでお悩みのあなたのために、冬の葬儀の服装について、分かりやすく解説します。

コート・マフラー・手袋などの防寒具は問題ない

まずは結論から。冬の葬儀に参列する時、コートやマフラーや手袋などの防寒具を着用しても構いません。むしろ、きちんと寒さ対策をしてからご来場ください。

斎場に入るとコートを脱ぐ

建物の中に入ると、暖房が効いていることがほとんどです。斎場ではコートやマフラーや手袋などは脱ぎましょう。式場によってはクローク(衣服や携帯品の一時預かり所)を設けています。また、クロークがない場合も、焼香机のそばに手荷物置き場が設置されています。

女性用のタイツについて

女性の喪服は、ワンピースかスーツが基本です。通常は黒のストッキングを穿きますが、冬の寒い季節ではタイツを穿いている人も少なくありません。ただし厚手のものはあまり好まれないため、ほどよい透け感の60デニールくらいまでをおすすめします。

冬用の服装で気をつけること

冬用の服装では次の点に気をつけましょう。

コートやマフラーなどの色
コートやマフラー、手袋なども、一般的な喪服のマナーに合わせた色のものを選びます。黒やネイビー、グレー系のシンプルな色柄のものにします。コートはあくまで斎場に到着するまでの防寒着なので、ダウンコート、トレンチコート、ダッフルコートなどでも構いません。ただし、カジュアルでないものにしましょう。

素材や裏地に気をつける
葬儀の場では、皮やスエードや毛皮は避けます。なぜなら、仏教では殺生が禁じられているからです。
裏地が派手なコートも避けた方が無難です。葬儀はあくまで故人様を悼む場所であるため、服装も慎ましいものを選びます。

慣れない葬儀への参列、きっと分からないことばかりだと思います。そんな方はどうぞお気軽にAZUMA葬祭にご相談ください。
私たちは葬祭のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。疑問やお困りごとがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. 葬儀費用の相場金額は150万円!? 今すぐ、ご用意できますか?

  2. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考えるべき事

  3. あっ、骨壷がお墓に入らない! 意外と知られていない関東と関西でサイズが違う! 納骨の注意点

  4. お葬式の参列をお断りしようと思う。失礼にならない理由やメールなどのマナーについて

  5. あなたは葬儀にどこまでの方を呼びますか?参列のご案内者のルール

  6. 告別式はどう行えばよいか?流れや時間帯について

カテゴリー

  1. 故人の思い出の場所で散骨したい。出来る場所、出来ない場所。

    2022.06.15

  2. 良い弔辞を行うために気を付けたいことや心構えの話し方のコツ

    2022.06.07

  3. 檀家であっても家族葬は可能??

    2022.05.30

  4. 土用に葬儀や、お墓を建てても大丈夫?

    2022.05.23

  5. 梅雨の時期の葬儀。雨具や服装はどうする?

    2022.05.14

  6. 令和4年 お客様の声をまとめてみました㊄

    2022.05.10

  7. 余命宣告数か月でどうしたらいいの?家族がやるべきこと、準備すべ…

    2022.05.07

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01