密葬の参列者の範囲 誰を呼ぶかの目安と決定のポイント

ここ数年、葬儀の簡素化が進み、密葬や家族葬を選ぶ人が増えてきました。加えて、新型コロナウイルスの影響もあり、少人数の葬儀を選ぶ人がますます増えています。密葬を行う上で、どこまでの人を呼ぶべきなのか、その目安と決定のポイントを考えていきましょう。

密葬とは 〜密葬と家族葬の違い〜

まずは密葬ということばについて確認しておきます。というのも、密葬と家族葬という言葉の解釈がごちゃまぜになり、誤用が増えているからです。
密葬も家族葬も、ごく近しい人たちだけで行う葬儀であることに変わりはありません。

密葬は後日に「本葬」を行うことを前提に行われます。社会的影響力の大きい人の場合、葬儀は大規模になってしまい、葬儀の準備や訃報の告知などに時間がかかってしまいます。ですから、先に家族だけで葬儀と火葬をしておく、これが密葬なのです。
一方の家族葬は、近しい人だけで送るお葬式の総称として用いられており、家族葬自体がその人にとって本葬になります。

参列者の範囲に明確な決まりはない

密葬の参列者は、家族や親族までが基本です。
とはいえ、「密葬」だから秘密のうちに行わないといけない、「家族葬」だから家族しか呼んではいけないと思いがちですが、実際にはそんなことはありません。家族や親族以外でも、大変お世話になった方、交流の深かった方だけには声をかけて参列してもらうということもあるのです。

どこまでの親戚を呼ぶべきなのか

葬儀は、亡くなった方のためであるのと同時に、遺された人たちのために執り行うものでもあります。今後の付き合いなども考慮して、呼ぶ、呼ばないを決めていきましょう。
だれを呼ぶかの基準は「故人様が最後に会いたかったかどうか」ここがポイントとなります。
また、「この人はどうしようかな」と迷った時には呼んでおくほうが無難です。あとあとのトラブルにもなりませんし、なによりも葬儀に参列することが、故人様にとっては供養となり、遺された人にとってもきちんと見送ったことへの納得感が残るからです。

コロナ禍の葬儀 小規模化が進む

昨今は新型コロナウイルスの影響で、葬儀をする側、呼ばれる側双方ともに、参列を敬遠する傾向にあります。感染リスクを最小限に抑えつつ、しかし故人さまをしっかりと見送りたい。このジレンマに悩まされる人が大変多くいます。呼ぶにしても呼ばないにしても、喪主や遺族と、そして参列者双方が対話をして、ともに故人様を悼む想いを共有することが大切です。

AZUMA葬祭は、三鷹市、武蔵野市を中心とした地域密着型の葬儀社です。葬祭のプロフェッショナルとしてみなさまのご相談やご質問に24時間・365日対応しております。
お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. はじめて喪主になる方へ 喪主と意味と役割について

  2. 家族が余命宣告を受けた時にどうするか 落ち着いてやるべき事・考えるべき事

  3. 訃報の連絡のやり方 伝える内容・タイミング・例文や注意点など

  4. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  5. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

  6. 外国籍の家族が亡くなったらどうする?お葬式は?

カテゴリー

  1. 散骨って何?新しい形の埋葬。

    2021.10.15

  2. 故人の遺言。ペットと一緒にお墓に入れる?

    2021.10.08

  3. 六曜?一粒万倍日?葬儀日程を決める時に気を付ける事

    2021.09.29

  4. 喪中に七五三のお祝いは控えるべき?

    2021.09.23

  5. 夏場の葬儀の服装。マナーは?

    2021.09.15

  6. お盆にお葬式は出来る?

    2021.09.07

  7. 世界各国のお葬式は日本でも可能?

    2021.08.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01