自分の葬儀を自分で行う 生前葬って何?

生前葬とは、その言葉の通り、元気なうちに自身の葬儀を営むことです。一部の著名人が生前葬を行うのはマスコミ報道などで目にしますが、世間一般で生前葬を営むのはごく少数です。
この記事では、生前葬とはそもそもどういったものなのか、詳しく解説いたします。

生前葬とは「社会的なお別れ」の場

ひとことに「葬儀」と言っても、葬儀にはさまざまな側面があります。

物理的な処理(火葬、埋葬)
宗教的儀礼(僧侶による読経、引導、授戒)
家族の悲嘆のケア(服喪、家庭内における世代交代)
社会的なお別れ(弔問、参列)

生前葬を行おうとしている場合、まだまだ本人は元気なわけですから、物理的な処理も、宗教的儀礼も、家族の悲嘆のケアもいますぐ必要ではありません。
しかし、昨今の葬儀は高齢化が進んだことから家族葬が一般的です。仲のよかった友人が、最期にひと目見てお別れをしたいとしても、家族葬だとその想いがかないません。また高齢化により参列したくても参列できないという人が多いという実情があります。
こうした中、「最晩年になると会いたい人にも会えない可能性があるから、少しでも元気なうちに生前葬を開いて、交友関係のあった人たちと、やがて来る別れを事前に惜しもう」という考えが生まれ、生前葬が行われるようになったのです。

決して「葬儀」の形を取らなくてもよい

本人はまだ健在ですから、いわゆる「葬儀」の形式をとる必要はありません。実際にパーティー形式、会食形式の生前葬が多く、礼儀作法や段取りなどに縛られない明るい雰囲気のものが多いのが特徴です。
「であるならば、生前葬とせず、ただ会食やパーティーをすればいいのではないか」と考えがちですが、あくまでもやがてくる死別を事前に惜しむというのが、この生前葬の大きな特徴ではないかと思います。
ただ会って、楽しい会話をして、お互いのつながりを確認しあうだけでももちろん構いませんが、「葬」と名づけることで、やがて来る死や死別に対して可能な限りポジティブに向き合うことができるのではないかと考えます。
生前葬は、葬儀というよりは「お別れ会」に近い雰囲気のものです。家族葬が多い昨今、二度と会えないかもしれない友人や知人たちと、元気なうちに会っておく、お別れを言い合うのが、生前葬なのです。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。お葬式全般について、不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、お気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940(24時間・365日)

関連記事

  1. お彼岸におはぎをお供えするのはなぜ?

  2. 葬儀の日程の決め方はなにを優先して決めていくべきか

  3. 世界各国のお葬式は日本でも可能?

  4. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

  5. 故人の宗派が分からない!? 家族に聞いても意外と知らない仏教宗派の調べ方

  6. あっ、骨壷がお墓に入らない! 意外と知られていない関東と関西でサイズが違う! 納骨の注意点

カテゴリー

  1. 戒名は必要?戒名をつける意味とは

    2024.02.15

  2. 2024年3月10日(日)/20日(水)-もしも講座・事前相談会を開催(参加無…

    2024.02.13

  3. 遺産相続で、もめないために知っておきたいこと

    2024.02.03

  4. 大変よくしていただきありがとうございました。

    2024.02.01

  5. 死亡通知状とは?またその書き方

    2024.01.31

  6. 葬儀屋さん選びで失敗しないポイントは

    2024.01.25

  7. 2024年1月21日の新聞折込チラシ掲載-イベント・セミナー・フェア案内

    2024.01.21

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01