社長の葬儀 注意すべき3つの事

取引先の社長が亡くなると、多くのケースでは社葬として執り行われます。
現役の社長の葬儀ですから、さまざまな関係先からの多くの人たちが参列します。
参列者はどのような振る舞いをすればいいのでしょうか。
社葬に参列する際に気をつけなければならないつ3つについてご説明します。

1.葬儀の情報を詳しく確認する

通常、社葬の案内は案内状、電話、ファックス、メールなどで送られてきます。社葬の実施の連絡を受けたら、まずは葬儀がどのように行われるのかを確認しましょう。

  • 誰の葬儀か
    社葬は、社長の葬儀だけとは限りません。会長職に当たるような前任者であったり、現役社員のこともあります。まずは誰の葬儀であるかをきちんと確認します。
  • 日時と場所と葬儀委員長
    いつ、どこで、葬儀が行われるのか。そして葬儀委員長を誰が努めるのかもきちんと把握しましょう。
  • 香典、供花、供物について
    香典を受け取るか、辞退するか、また、香典は辞退していても、供物や供花は受け付けるか、葬儀によって方針が異なります。
2.可能な限り社長が参列する

社長の葬儀の場合は、可能な限り社長が参列するのが望ましいでしょう。故人より下の役職者が参列するのは失礼にあたるためです。ただ、どうしても参列が難しい場合は、代理人を立てて参列します。その上で、香典や弔電、さらには供花などを用意しましょう。こうすることで社長としての弔意を示すことになります。

3.参列時のマナー

葬儀に参列する際は、通常の葬儀と同様に振る舞いましょう。

  • 服装は略礼服
    男女ともに、黒の喪服、いわゆる略礼服が基本です。通夜の場合は、黒や紺やグレーのスーツなどでも構わないとされています。もしも通夜がなく、日を改めて執り行われる本葬の場合は、服装の準備に時間的な余裕があるため、必ず略礼服を着用します。
  • 名刺を忘れない
    名刺は必ず忘れないようにしましょう。もしも自分が代理人として参列するのであれば、自分の名刺と代表者の名刺の2枚を持参します。社葬で差し出す名刺は、弔意を表しために右肩に「弔」と書きましょう。自分が代理人の場合は「代」と書きます。
  • 通夜ぶるまいを辞退しない
    通夜ぶるまいは、葬儀を主催する側からの参列者へのおもてなしの気持ちです。可能な限り、参加しましょう。たった一口でも食べ物を口にすることで、故人様の供養につながります。
  • 名刺交換は厳禁
    社葬では、知り合いや同業者と顔を合わすこともありますが、あくまでも社長の葬儀の場です。名刺交換、打ち合わせなどはしないように気をつけましょう。

関連記事

  1. 葬儀に参列する時の女性の鞄の選び方

  2. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

  3. お寺で葬式はするけど、神社でお葬式はできるの?

  4. キリスト教のお葬式に出ることになった。初めての参列マナー

  5. 私も死亡広告が必要? どんな人が利用するの?

  6. 急な葬儀、でもネイルが少し派手かも。困ったときの対処法

カテゴリー

  1. 知っておきたいお葬式の種類 どんな葬儀があるの?

    2020.07.31

  2. 東京でおすすめの斎場・葬式場一覧

    2020.07.25

  3. 葬儀の相談を誰にすればいいのか?安心して相談できる人とは

    2020.07.17

  4. 葬儀の費用は誰が負担するべきか?

    2020.07.10

  5. 今増えている火葬式とは その特徴と費用や流れ

    2020.07.01

  6. 葬儀で悩む喪主の挨拶 気を付ける事や大切にしてもらいたい事

    2020.06.29

  7. よい家族葬を行うための葬儀社選びのポイント

    2020.06.21

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01