お葬式でレンタルできるものをまとめてみました

葬儀の知らせはいつだって急にやってきます。中2日、中3日でも突然のことにその準備に慌ただしい想いをしてしまうのに、今日の連絡で明日のお通夜、あるいは今夜お通夜があるなんてことも少なくありません。

「葬儀に必要なものが家の中にない! 」

「久しぶりに出した喪服がしわくちゃで着ることができない! 」

「クリーニングに出す時間もない!」

家事や仕事で毎日追われていて忙しいと、どこかに買いにいく時間がないということもしばしばです。

そんな時に便利なのがレンタルサービスですが、お葬式でレンタルできるものにはどんなものがあるのでしょうか?
まとめてみました。

喪服のレンタル 3つの方法

久しぶりに喪服を出してみるとしわくちゃだった。体型が変わって喪服が着れない。

そんな時には喪服のレンタルがあります。

喪服のレンタルは貸衣装業者に依頼しますが、主に次の3つの方法があります。

葬儀社

ほとんどの葬儀社は貸衣装業者と提携しているので、困った時には葬儀社に相談してみましょう。式場に配達もしてくれるので、遺族の立場で喪服に困った場合は便利でしょう。

貸衣装業者

お住まいの近くに貸衣装業者があれば、そのままレンタルをお願いしてもよいでしょう。その場で自分の体型にあった喪服が選べます。

インターネットのレンタル業者

最近ではインターネットにレンタル業者もあります。価格は比較的安いのですが、葬儀は急を要すので時間が間に合うかどうかが問題です。

靴やかばん等の小物のレンタル

喪服のレンタルの基本は、男性であれば上下のスーツ、女性であればアンサンブルです。

もしもそれ以外の革靴、かばん、ネクタイなどを希望するのであれば、オプションサービスとして用意してあるので、合わせて依頼しましょう。

数珠のレンタル

お焼香の際には必ず数珠を使うので、忘れないようにしましょう。

ただし、数珠もそう頻繁に使うものではなく「どこに置いていたかな?」「ひさしぶりに手に取ると房が切れている」なんてことも珍しくありません。
数珠は、貸衣装のオプションとしても用意してくれるので、貸衣装のレンタルを依頼する人はあわせて利用しても良いでしょう。

また、葬儀社が独自にレンタル用の数珠を用意していることもあるので、困った人は相談してみるのよいでしょう。
式場によっては、数珠を忘れてしまった人のために、誰もが自由に使えるようロビー等に数珠を置いていることもあります。どうしても数珠の用意が間に合わない場合は、事前に葬儀社に電話等で確認してみましょう。

関連記事

  1. 「永代供養」ってなに? 供養にも期限があるの?

  2. 葬儀で着用する靴下は黒 その意味とマナーについて解説

  3. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  4. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  5. お葬式にお花を贈るには? だれに頼むの? 値段はいくら?

  6. お葬式に赤ちゃんや子どもは参列させるべき? 葬儀の参列マナー

カテゴリー

  1. お葬式でレンタルできるものをまとめてみました

    2019.06.11

  2. 納棺師ってどんな仕事?おくりびとがやる事や資格など

    2019.06.05

  3. 弔電の例文集

    2019.06.01

  4. 棺の値段の違いはなに?安い棺はダメなのか?

    2019.05.25

  5. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  6. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  7. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930