神道でもお盆ってあるの?

「神道(しんとう)」とは、神社を中心とした、日本の神々への信仰のことで、日本人の生活の中で培われた日本の民族宗教です。

一方、お盆は、一年間で一番盛り上がる死者供養、先祖祭祀の行事です。

仏教的要素の強いお盆ですが、神道でもお盆はあるのでしょうか。この記事では、神道のお盆についてご紹介いたします。

神道にも、お盆はある!

まずこの記事の問いに対して答えるならば、神道にもお盆はあります。

盆棚の飾り方は、若干神道独特の特徴がありますが、お盆の迎え方は一般的なものとほとんど変わりません。

盆棚の飾り方、そしてお盆の過ごし方について、ひとつずつ見ていきましょう。

神道の盆棚

神道の盆棚は、次のような形で用意します。

●盆棚と霊璽

神道では仏壇ではなく「祖霊舎」を設置し、その中に、ご先祖様の御霊の込められた「霊璽」を並べます(仏式の位牌のようなもの)。

お仏壇から位牌を出して盆棚に並べるのと同じように、神道のお盆でも盆棚を設置して、祖霊舎から出した霊璽を並べます。

●榊とお供え物

神道ではお花の代わりに榊をそなえます。また、お供え物は、三宝と呼ばれる神具の上に、水、酒、米、塩、その他に夏野菜や果物などを置いて並べます。牛と馬(ナスとキュウリ)をお供えしても構いません。

●盆提灯

神道でも盆棚の両脇には盆提灯を飾ります。縁側の軒先や玄関に吊るす風習も残っています。

●線香は不要

神道では、お線香やお焼香をしません。玉串(白い紙を垂らした榊)をお供えして二礼二拍手一礼をします。

神道の迎え火、送り火

神道のお盆も、8月13日から8月16日の4日間です。地域によっては7月や旧暦でお盆をするところもあるようです。

13日の夕方には、家に戻ってくるご先祖の霊が迷わないように家の前で「迎え火」を、16日の夕方には「送り火」を焚きます。

それぞれ玄関や軒先などで、おがら(麻の茎を乾燥させたもの)に火をつけます。そこから出た煙に乗って、ご先祖様がやって来て、帰っていくものと考えられています。

お墓参り

お盆の時期にお墓参りをするのも、仏教や神道とで違いはありません。

「ご先祖様がおうちに帰ってきてくれているのに、どうしてお墓参りするの?」と素朴な疑問を抱く方も多いでしょう。

そもそもお盆のお墓参りは、迎え火、送り火のために行われていました。

お墓で灯した火をたいまつや提灯に移して、家の盆提灯を灯したものを迎え火としていました。つまり、この火に乗って、ご先祖様がわが家に帰ってくると考えられていたのです。

送り火も同じで、家で灯されていた火をお墓に移すことで、ご先祖様をあちらの世界に送っていたのです。

お盆のお墓参りはお迎えとお送りのために行われており、その名残として、いまでもお盆にお墓参りが行われているのです。

家の守護神として子孫を守る存在

ここまで、神道のお盆の迎え方、過ごし方について解説してきましたが、神道は亡き人をどのように捉えているのかを解説いたします。

神道では、故人や先祖の御霊(みたま)はその家の守護神となり、子孫を守るといわれています。

仏教の法事が、一周忌、三回忌、七回忌と続けて三十三回忌まで行うように、神道でも一年祭、二年祭、五年祭、十年祭と続けて五十年祭まで行なわれます。

長い時間をかけて、その家の守り神となり、最終的には、その家の祖先から、地域全体の氏神さまに昇華していくのです。

いずれにせよ、仏教のように、どこか遠くの極楽浄土に往生するとか、キリスト教のように神の世界に帰るなどの考えではなく、神道ではご先祖様はいつも私たちを見守ってくれています。

それはつまり、生者と死者(祖先)とのつながりは日常的に行われていたことを意味します。

日本人は、日々ご先祖様とともに暮らしていますが、その中でも特に、盆と正月は、ご先祖様と盛大につながる日と捉えられ、人々は神社にお参りし、お墓参りをし、家に祖先を招いていたようです。

「お盆」は日本の伝統行事

日本では、仏教が伝来してからというものの、死者供養は仏教が担ってきたという歴史があります。そのため、お盆行事は仏教のものと思われがちですが、そもそも、仏教や神道と区別される前から、伝統行事としてお盆が人々の間で行われてきたということです。

神社本庁も、公式サイトの中で「正月や盆など祖先の霊は年中いく度も子孫のもとを訪れます。正月棚や盆棚(先祖棚)はその際に祖先を迎える場所で、神棚や御霊舎みたまやの原型とも考えられています」と示しています。

仏教、神道関係なく、私たちのルーツである古いご先祖様とのつながり、そして家族のつながりの大切さに気づかせてくれるのが、お盆です。

神道では、故人が亡くなってから迎える初めてのお盆を「新盆祭・新御霊祭(あらみたままつり)と呼びます。

御霊が家族や子孫を守る祖霊となり、御霊の安定を祈るための大切な行事と位置付けています。
お盆では、普段なかなかできない感謝の気持ちをこめて、故人をしっかり供養するようにしましょう。

私たちAZUMA葬祭は、葬儀や仏事のプロフェッショナルです。三鷹市や武蔵野市をはじめ、東京都内で豊富な実績がある地域密着型の葬儀社として、日々お客様のお葬式のお手伝いをしております。お客様の不安に耳を傾け、想いに寄り添いながらサポートさせていただきます。不安に思うことや分からないことなどがございましたら、こちらのお申込みフォームから、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お申し込みフォームはこちら
お電話:0120-66-5940
(24時間・365日)

関連記事

  1. 葬儀の喪主で会社を休むときの一般常識 休める日数やマナーなど

  2. 故人の口座が凍結されると、公共料金などの引き落としが出来なくなるって知っていますか?

  3. 喪主が葬儀当日に体調不良。喪主代理は誰に頼む?

  4. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  5. 弔電の例文集

  6. 新型コロナ禍で葬儀の参列を辞退するときのマナーや断り方

カテゴリー

  1. 神棚って自分で作れるって本当?

    2024.04.20

  2. 喪主を頼める人がいない。死後事務委任契約とは

    2024.04.10

  3. ナースの方から「ここにこのまま体を置いておけないので運んでくれ…

    2024.04.10

  4. お金がなくて、葬儀代が出せないときはどうすればいいの?

    2024.04.07

  5. 余りにも突然のことでショックや動揺を隠せない中でしたが、昼夜を…

    2024.04.02

  6. 心に残るお葬式:あるラガーマンとのお別れ心に残るお葬式

    2024.04.01

  7. 骨壺はどこで買う?種類は?相場は?

    2024.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 意外と知らないお布施のマナー 包み方・金額・タイミング

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01