分骨証明書って知っていますか。分骨の手順と手続きについて。

ライフスタイルの変化や多様化に伴い、分骨が行われる機会が増えているようです。
分骨には時期によっていくつか手続きがありますので、紹介しましょう。
分骨の時期には大きく二つあります。

1.火葬の後、骨壷に納めるとき

分骨することが決まっている場合には、火葬場で分骨する分の骨壷を用意し、その場で分けるようにします。

このとき、分骨するのに必要な書類は、火葬場で用意してもらう火葬証明書(分骨証明書)のみです。

何カ所かに分骨する場合には、その数だけ証明書を発行してもらう必要がありますが、もし遺骨を埋葬はせず手元に置くのであれば必要はありません。

埋葬する際には埋葬する自治体に火葬証明書(分骨証明書)を提出することになります。

2.納骨後、お骨を取り出して分骨するとき

一方、こちらは上記に比べると手続きが煩雑になります。

まず埋葬している寺院や霊園で「分骨証明書」を発行してもらいます。

そのあと、お墓の「閉眼供養」「魂抜き」の法要をしてもらいお骨を取り出します。

お墓の蓋が開かない場合などは無理せず石材屋さんに頼むようにしましょう。

取り出した遺骨を分けたあと、再度もとのお墓に戻す際にはまた「開眼供養」という法要を行います。

分骨するためには「分骨証明書」を取得する

このように埋葬後の納骨には手順があります。
あらかじめお墓の管理者(寺院や霊園)、石材店などと予定を合わせておくようにしましょう。

遺骨の所有者や親族の承諾も必要ですから、それ以外の人が分骨を行う場合にはあらかじめ所有者の承諾も得るようにします。

分骨したお骨を別の墓や永代供養に入れるには「分骨証明書」の提出が必要ですので大切に保管しておきましょう。

遺骨を自宅に置いておく場合には「分骨証明書」は必要ありませんが、ゆくゆくお墓に納めたい事情が出てくるかもしれませんので、やはり取得しておき保管しておくのがよいでしょう。

関連記事

  1. 意外と知らない宗教法人の税金や仕組みについて

  2. お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

  3. 外国人が日本でお葬式! おさえておこう 日本人と違うお葬式!

  4. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

  5. 「死亡届・死亡診断書」の手続き「いつ」「だれ」「どこ」? 提出先と期限について

  6. ご存じですか? 「密葬」とは?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 互助会とはなにか? 意味と役割について

    2019.05.10

  2. 神道葬儀の玉串料の金額相場は? 玉串料の書き方やつつみなか

    2019.05.03

  3. お悔やみメールの文例 挨拶やことばのマナー返信例文まで

    2019.04.30

  4. 一般的な葬儀の流れ ご危篤からお葬式のあとの手続きまで

    2019.04.18

  5. はじめて喪主をすることに、喪主の役割で注意すること

    2019.04.15

  6. とにかく安く葬儀したい、お金を掛けずにお葬式をする方法

    2019.04.10

  7. 葬儀の香典、本人との関係・年齢・立場に合わせた相場とは

    2019.03.30

  1. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  2. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  3. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

  4. 葬式時、お寺へのお布施のことは誰に聞くの?

    2018.03.02

  5. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

    2018.02.23

  6. 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども…

    2018.02.01

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031