終活ブームについて。エンディングノートと遺言書の大きな違い

最近は「終活」という言葉が広く浸透して、ブームというよりもすでに定着した感があります。

だれにでも人生の終わりはやってきます。
何かあったときに自分も周りも困らないように、荷物の整理なども含めて、できる時に準備しておきましょう。

ここではエンディングノートと遺言書の違いについて考えます。

■ 「エンディングノート」に法的な効力はない
終活を円滑に行い、自らの最期を演出するためのツールとして簡単に用いられるのがエンディングノートです。
書店や文具店で購入することもできますし、自分が使いやすい形のノートでもかまいません。

ここで注意が必要なのは、「エンディングノート」に法的な効力はない、ということです。
あくまでも私的な記録、希望として残しておくものと言えます。

■ 「エンディングノート」に書く内容
自分の希望や人生の記録、次世代の方に伝えたいことなどを、自分なりの方法で気軽に記入するものです。
・自分自身の経歴(名前や生年月日、職歴・病歴など)
・家族や親せき、交友関係など
・財産関係
・終末期の治療などに関する要望など
・葬儀やお墓に対する希望
・残された家族が行うべき手続き
・家族へのメッセージ
・遺影データ    など

気持ちが変わったり、保有財産や内容が変わったりした場合はいつでも書き直しができます。
個人情報でもありますので、大切に保管しておき、身近な数人にはノートの存在と保管場所を口頭で伝えておきます。

遺言書は不要という方もエンディングノートは書いておくことをお勧めします。
万一の時に連絡してほしい人のリストなどがあると、家族に役立つでしょう。

■ 遺言書(ゆいごんしょ)(法的な効力を持たせることができる)
エンディングノートは私的なものですが、法的に効力を持つものに遺言書があります。
財産が多い、受け取る人が多いといった場合は、司法書士や弁護士、税理士など専門職に相談して作成しておくとよいでしょう。

◇公正証書遺言(法的効力を持つ)
15歳以上ならだれでも作ることができます。
公証役場の公証人の面前で証人2人の立ち合いのもと、遺言者が口述した内容を、公証人が遺言書として文章化した遺言のことです。

◇自筆証書遺言
遺言者が、遺言の内容の全文を自書で作成する遺言書です。
形式や内容に不備がある場合、遺言書が無効になる可能性があります。

◇秘密証書遺言
遺言者が遺言の内容を記載した書面に押印したうえで封じ、公証人がその封紙上に日付及び遺言者の申述を記載して作成します。
記載内容に不備がある可能性が残ります。

このように、自分の人生の最期に向けて前向きな気持ちで準備を行う活動が「終活」ですが、最近では終活コンサルタントといった終活をサポートしてくれるサービスもあります。

年齢にかかわらず、健康で気持ちに余裕があるうちに「終活」を考えてはいかがでしょうか。
自分の人生がよりよいものになるはずです。

関連記事

  1. キリスト教のお葬式に出ることになった。初めての参列マナー

  2. お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

  3. 家族葬ではダメ? 親戚やご近所から家族葬はダメと言われた。

  4. 知らないと恥ずかしい、宗派で違うお数珠の持ち方

  5. はじめての参列、仏式と違う神道(しんとう)のお葬式

  6. 葬儀で弔辞を述べるのですが、使ってはいけない「NGワード・忌み言葉」って何ですか?

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

    2018.05.02

  2. 終活ブームについて。エンディングノートと遺言書の大きな違い

    2018.04.18

  3. お寺で葬式はするけど、神社でお葬式はできるの?

    2018.04.18

  4. 神道でもお盆ってあるの?

    2018.04.18

  5. お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

    2018.04.18

  6. 新しい介護の試み!「ビュートゾルフ」とは?

    2018.04.18

  7. 新しい荼毘の方法! どうなっていく火葬の方法?

    2018.04.13

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031