お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

「お彼岸」という言葉を聞いたことはあっても、時期はいつで、どんな意味があるのか、ご存じでしょうか。

■ お彼岸は年に2回ある
お彼岸の期間は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」のそれぞれ前後3日間の計7日間を指します。
したがって、お彼岸の日はその年によって変わります。
7日間の最初の日を「彼岸の入り」といい、最終日を「彼岸の明け」といいます。

どちらも季節の変わり目となる頃で、お彼岸を過ぎると過ごしやすい時期となります。

お彼岸は日本独自のものです。
仏教の考え方に由来していて、浄土真宗の極楽浄土思想からきたとも言われています。
苦しみや迷いのある私たちの生きている世界は「此岸(しがん)」といい、東にあるとされています。

そして、彼岸とは、生と死の海を渡って行きつく悟りの世界をいいます。
苦しみや迷いが全くない彼岸は遥か遠くの西にあるとされています。

お彼岸の時期である「春分の日」「秋分の日」は、太陽が真東から昇り真西に沈むので、彼岸と此岸が最も近い日とされ、このことからご先祖を供養するためのお墓参りをするようになったようです。

■ お彼岸にお供えする「ぼた餅」と「おはぎ」の違い
呼び方は違いますが、実は全く同じものです。
「ぼた餅」は「牡丹餅」、「おはぎ」は「お萩」とも書きます。

これは、お彼岸の季節の植物から由来しています。
小豆の赤が邪気を払ってくれるという言い伝えや、小豆を萩の花に見立てて名づけられたようです。

春には収穫を願い、秋には収穫を祝い感謝するために捧げたもので、本来は自分たちで食べるものではありませんでした。
江戸時代に、お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。

お彼岸でお墓参りをする際には、ご先祖様への感謝の気持ちをこめ、生きていることに感謝するようにしたいものです。

関連記事

  1. 新聞掲載費用は、いくらかかるの? 死亡記事と死亡広告の違い

  2. 近頃はホームセンターでも売っている神棚。 どこで購入すればいいの?

  3. そもそも通夜、告別式とは? 今さら聞けない通夜と告別式の違いとは?

  4. 間違って使っていませんか? 柩と棺の違い

  5. お葬式が終わると、あっという間に四十九日。続けて、準備が必要な法事の費用と目安

  6. 幸せな人生を送るための「終活」とは

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

    2018.05.02

  2. 終活ブームについて。エンディングノートと遺言書の大きな違い

    2018.04.18

  3. お寺で葬式はするけど、神社でお葬式はできるの?

    2018.04.18

  4. 神道でもお盆ってあるの?

    2018.04.18

  5. お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

    2018.04.18

  6. 新しい介護の試み!「ビュートゾルフ」とは?

    2018.04.18

  7. 新しい荼毘の方法! どうなっていく火葬の方法?

    2018.04.13

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031