いつまで続く喪失感 「グリーフケア」の重要性

「グリーフケア」という言葉をご存知でしょうか? 

まだ比較的新しい概念ですが、大切な人を亡くした人が悲しみから立ち直るために周囲が支えるというもの。

高齢化が進むこれからの社会の中で非常に大切なポイントになっています。
今回はグリーフケアについて調べてみましょう。

 

■ 「グリーフケア」とは相手を慈しむこと
「グリーフ」とは喪失からくる悲しみや苦しみのことを指します。
グリーフケアとは、身近な人を失った人、または失いそうな状態の悲しみから生じるさまざまな問題を軽減させてあげることです。
その人に寄り添い、慈しむ心でサポートすることが求められます。

 

まず大前提として、大切な人、身近な人を失って悲しみにくれることはごく自然なことです。一時的にふさぎ込んだり、心身に不調をきたしたりすることは異常なことではありません。

日本人は感情を表すことが苦手な人が多いと言われています。

身近な人の死の悲しみを乗り越えるには、まずその悲しみの感情と素直に向き合い認めることが必要です。

 

 

■ 「グリーフケア」ができる人とは
では、グリーフケアとはどのような人ができることなのでしょうか。

これは特に資格が必要なわけではないのです。
身近な家族や親族、友人、葬儀社や医療機関従事者など、幅広い立場の人に求められるものと認識しておきましょう。

 

特別な資格を持った人が悲しみを癒してくれるのではなく、遺族に対して周囲の人間がそれぞれの立場で手助けをすることが大切なのです。

 

 
■ 話を聞くだけでもいい
立場や遺族との関係性によってもやってあげられることには違いがあります。
たとえば家族や友人であれば、故人との思い出話を聞いてあげることも大切な役割です。

 

喪失感がいつまで続くのか、それは本人にもはかり知れないことでしょう。
むやみに「頑張れ」と励ますのではなく、「気持ちに寄り添ってあげること」が心身の回復への第一歩になります。

 

■ 心に寄り添う葬儀業者もある
最近では葬儀社などでもこのような概念に基づいて葬儀などを進めてくれるところもあるようです。
故人の好きだった花を飾ったり愛唱歌を会場に流したり、その人らしい葬儀を行うよう相談に乗ってくれる業者もあります。

精神的な支えだけでなく、専門知識が必要な場合には弁護士や税理士、司法書士などを紹介してくれる業者もあるようです。

 

 

■ これから認識が進む分野
グリーフケアはこれから認識が進んでいく分野です。

実際に死別をした後ではなく、家族が余命を宣告され死が迫っていることを感じるだけでも不安が押し寄せてくる、そういった場合も増えてくるでしょう。

 

 

家族や親族、友人やカウンセラーなどさまざまな立場の人が関わることが、身近な人の死に直面している人の心を支える社会につながるのではないでしょうか。