Homeご家族(葬儀知識) > 孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども(障がい者)を残して先立てない!

孤独死・孤立死で困らないための準備とは? 障がいを抱えた子ども(障がい者)を残して先立てない!

障がい者と同居している家族は、社会から孤立しがちであるといわれます。万が一にも孤独死・孤立死に陥らないためにも、障がいのある子を持つ親はどのような手段を講じるべきでしょうか。

1.孤立しないために、普段から社会とつながりを持つこと
ひとくちに「障がい」といっても、その状況は知的、身体的、精神的とさまざまです。日常生活において何らかの不便が伴い、だれかの援助を必要とする場合が多いことでしょう。たとえばその障がいが、本人の就業や結婚といった人生の糧や支えとなるものを得られないほどのものだとしたら、親としては自分亡きあとその子の将来について悩むものです。
親としてどんな準備をしてあげられるのでしょうか。
健常者であろうと障がい者であろうと「孤独死」「孤立死」を防ぐ一番の方法は、「普段から社会とつながりを持つこと」です。健常者であっても高齢や急病などで孤立死が増えているのは、社会とのつながりが希薄になっていることも原因の一つと考えられています。
外で働くことができる方の場合にはそこでの人間関係があり、その分だけ見守る人が増えることになります。

2.社会とつながるための「障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」
自らの力で外とのつながりを持てない障がいがある場合にはどうすればよいのでしょう。
社会と障がい者をつなぐもの一つに「障害者手帳」があります。
「障害者手帳」は肢体不自由や視覚・聴覚障害など身体障害のある人に交付されるものです。
「療育手帳」は知的障がいのある人に交付されます。
「精神障害者保健福祉手帳」は精神障害のある人に交付されます。
それぞれ細かい違いはありますが、障がいの程度によって区分があり、それに基づいたサービスが受けられるようになっています。
またこれらの手帳の重要性はこの手帳を交付されることで社会的に「障がい者」と認められることにあります。逆説的な言い方になりますが、公的に「障がい者」と認められることで、さまざまなサービスを受けられると同時に行政の見守りの対象となるのです。障がいをもとにサービスを受けることで、そのサービスを介して他とのつながりを持てることになるのです。