大切なあの人といつも一緒にいたい。遺骨ペンダントと手元供養について。

時代とともに葬儀や供養の形も多岐にわたり、宗派にこだわらず多様な供養ができるようになりました。

ここでは、遺骨や遺灰を納めて携帯できる「遺骨ペンダント」をご紹介します。

 

■ 故人を身近に感じられる「手元供養」

「遺骨ペンダント」とは、故人の遺骨や遺灰、遺髪などを納められるもので、メモリアルペンダント、アッシュインペンダント、納骨ペンダントなどとも呼ばれています。

 

最近では「故人を身近に感じていたい」「いつも近くで見守っていてほしい」という遺族の方に、遺骨などの一部をお墓に埋葬せず、何らかの形で身近に残して供養する「手元供養」という方法も増えてきました。

中でも「遺骨ペンダント」は身につけていられるという点で人気があるようです。

 

このような供養ができるようになったのも、お墓が遠方でお墓参りが困難という場合や、家に仏壇を置かない家庭が増えたことも理由の一つです。

 

ペンダントのほか、指輪やブレスレットなどもあり、より遺族の気持ちに合わせた供養の形となっているようです。

 

 

■ 供養する気持ちを大切に
その反面、分骨をしたり遺骨を身につけたりすることに抵抗がある方もいます。

分骨や遺骨をアクセサリーに加工することについては、法律上の問題はありませんが、供養する方の気持ちが大切です。

身につける以外にも、遺骨を仏具に加工して仏壇に安置することもできます。

 

供養の形にはいろいろな選択肢があります。

どうしても遺骨を身近に置いておきたい場合、のちに遺族間でトラブルにならないよう、十分に話し合いましょう。

関連記事

  1. どちらが節税?どちらがお得? 社葬と合同葬の違いとは?

  2. ほっと束の間、でも葬儀が終っても一息つけない。手続き怠ると大変

  3. 新しい荼毘の方法! どうなっていく火葬の方法?

  4. お彼岸(ひがん)って何? なぜ、ぼた餅やおはぎをお供えするの?

  5. 見せ方の上手い葬儀の広告 「全額返金保証」とは!

  6. 失敗しない日本でのイスラム教徒の葬儀

ASUMA葬祭

カテゴリー

  1. 市営火葬場と民営火葬場では、火葬料金が違うの?

    2018.05.29

  2. ご存じですか? 「密葬」とは?

    2018.05.29

  3. お布施の金額の相場っていくら?

    2018.05.29

  4. 患者になったとき、移動や搬送はどうしたらいいの?

    2018.05.29

  5. 宗教・宗派がわからないときの調べ方

    2018.05.29

  6. 海外旅行先で、不慮の事故で死亡したらどうしたらいいの?

    2018.05.29

  7. 神道のお葬式でお願いするのは、神主さん? 宮司さん? どっち?

    2018.05.29

2018年7月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031